• ホーム
  • 映画
  • 篠原涼子、ハリウッドに意欲も自虐で謙遜「お声かからないと思う」

篠原涼子、ハリウッドに意欲も自虐で謙遜「お声かからないと思う」

 女優の篠原涼子が4日、都内で行われた映画『ワールド・ウォーZ』の声優発表会に出席した。米人気俳優のブラッド・ピットが主演を務める同作は、全世界で爆発的に蔓延する“謎のウィルス”に同氏演じる元国連捜査官・ジェリーが立ち向かうパニックエンターテインメント。ジェリーの妻・カリンの吹替えを務める篠原は、自身のハリウッド進出への思いを聞かれ「お声がかかれば喜んで」と意欲をみせるも「お声はかからないと思いますけどね」と自虐交じりに謙遜していた。

 昔から吹替えに興味があったという篠原は「吹き替えは初めてで、アフレコ自体も初めてに近い」と緊張の面持ち。半分ほど終えたという収録については、「声だけで表すのが難しかった」と苦戦を明かすも「空気がすごく楽しくて、時間が過ぎるのがあっという間だった」と充実の表情を見せた。

 同作は8月10日より全国公開。



関連写真

  • 映画『ワールド・ウォーZ』声優発表会に出席した篠原涼子 (C)ORICON NewS inc.
  • 白のミニワンピースで美脚を披露した篠原涼子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス