• ホーム
  • 映画
  • 『あまちゃん』GMT47メンバーお披露目 挿入歌「暦の上ではディセンバー」完成

『あまちゃん』GMT47メンバーお披露目 挿入歌「暦の上ではディセンバー」完成

 NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(月〜土 前8:00 総合ほか)は今週から後半に突入。舞台を東京に移し、全国47都道府県のご当地アイドルから選抜されたアイドルグループ「GMT47」の挫折奮闘を中心に物語は展開する。女優の能年玲奈演じるヒロイン・アキらGMTメンバーがデビューを夢見て歌う「暦の上ではディセンバー」(挿入歌)がこのほど完成。メンバーが“正装”で勢ぞろいした写真も初公開だ。

 能年は「アキちゃんと私がリンクしています。アキちゃんもペーペー、私もペーペー、ペーペーがどこまで臆せず、アイドルの海に飛び込んでいけるか、おバカなまま突っ走れるか、皆さん応援よろしくお願いします」と元気いっぱいに呼びかけている。

 ほかに、埼玉県出身・入間しおり役の松岡茉優、佐賀県出身・遠藤真奈役の大野いと、徳島県出身・宮下アユミ役の山下リオ、沖縄県出身・喜屋武エレン役の蔵下穂波、宮城県出身・小野寺薫子役の優希美青、ブラジル出身・ベロニカ役の斎藤アリーナがGMTのメンバーを演じる。

 GMTが目指すアイドルとは? 能年は「私たちの年代ではよくわからなくて、ハロプロさんやAKBさん、ももクロさんがそうなのかな?」と小首をかしげ、「でも、あまちゃんを通して少し感じたのは、春子ママ(小泉今日子)も言ってたみたいに、80年代のアイドルって少し違う気がしてます。すごく遠い存在なのに四六時中頭から離れない、そして思い出すとなぜか元気になれる、頑張ろうと思える…そんな存在に感じています。すごく難しいけど、めちゃくちゃ憧れます」と話す。

 聞いた瞬間から口ずさみたくなり、メロディが頭から離れなくなる今回の挿入歌。劇中の人気アイドルグループ「アメ横女学園芸能コース(通称:アメ女)」のヒット曲という設定で、GMTメンバーは“奈落”と呼ばれる地下室でこの歌と振りを必死に覚え、やがて自分たちの路上ライブなどで歌うようになる。ドラマのために書き下ろされたオリジナル曲で、作詞は脚本を手がける宮藤官九郎、作曲はオープニング曲でも話題の大友良英が担当した。オープニング曲同様に話題になりそうだ。



オリコントピックス