• ホーム
  • 映画
  • 石ノ森章太郎の『009ノ1』実写映画化 岩佐真悠子がセクシー本格アクションに挑戦

石ノ森章太郎の『009ノ1』実写映画化 岩佐真悠子がセクシー本格アクションに挑戦

 『サイボーグ009』などで知られる“萬画家”石ノ森章太郎の生誕75周年記念して、SFアクション漫画『009ノ1(ゼロゼロクノイチ)』が実写映画化されることが14日、わかった。映画『009ノ1 THE END OF THE BEGINNING』は女優・岩佐真悠子主演で、9月7日よりレイトショー限定公開される。

 石ノ森作品の中でも異彩を放つ同作は、1960年代から70年代の『漫画アクション』(双葉社)で連載された初の青年コミック誌作品。「セックス」「バイオレンス」という少年向けでは扱えなかったテーマを描いた意欲作であり、青年コミック黎明期の礎となった。

 近未来、冷戦状態の二国間で活動するウェスタンブロックのサイボーグエージェント、ミレーヌ・ホフマンの活躍と葛藤と成長を描く本格ヒロインアクション。原作の設定やキャラクターを再現しながらも、映画オリジナルのアクションシーンやセクシーシーンなども盛り込まれている。

 主演の岩佐は、2003年に『ミスマガジン』グランプリを獲得し、デビュー。以降、女優・タレントとして多方面に活躍してきたが、本作では妖艶さはそのままに、迫力のガンアクションにも挑戦し、これまでのイメージを覆す演技を披露している。また、心に迷いを抱えるサイボーグ役として、揺れ動く感情表現や、原作にもある両乳房から放つバストガンなど見どころも満載だ。

 岩佐は「石ノ森作品のヒロインに選ばれて正直、プレッシャーが…。私で務まるんだろうかと思いましたが、この先そんな大役任せて頂けるかもわからないので、スタッフさん達の力を信じる事に。石ノ森ファンの皆様の評価はわからないけど、やれて良かったです! 慣れないアクションや寒さなど、大変だった事は多々あったはずですが、今思い返すと楽しい記憶しか残っていません!!」と充実の表情。

 ほかに、物語の重要な役割を担っている青年役で『仮面ライダーW』の照井竜/仮面ライダーアクセル役をつとめた木ノ本嶺浩。『忍風戦隊ハリケンジャー』で野乃七海/ハリケンブルー役をつとめた長澤奈央が『009ノ1」と敵対する国のスパイ役として、岩佐と壮絶なバトルを繰り広げる。さらに、市道真央緑川静香ほか特撮アクション作品で活躍中の女優たちが集結し、かつてないヒロインアクション映画を作り上げる。

 ウルトラマンシリーズ、仮面ライダーシリーズ、スーパー戦隊シリーズの三大特撮を撮ってきた坂本浩一氏が監督・アクション監督としてメガホンをとり、東映最新技術の精鋭が集結したツークン研究所が最新VFXを担当。坂本監督は「女性が強く、カッコ良く、セクシーなアクション映画。そんな邦画が見たい! という強い願いから生まれたのがこの作品です。邦画界でのヒロインアクション映画ジャンル樹立を目指して撮りました」と自信をのぞかせた。



オリコントピックス