• ホーム
  • 芸能
  • 剛力彩芽、作詞&ギターに意欲「中途半端は嫌なので全力で」

剛力彩芽、作詞&ギターに意欲「中途半端は嫌なので全力で」

 女優の剛力彩芽(20)が10代限定の音楽フェス『閃光ライオット2013』の5代目応援ガールに起用され10日、都内で行われた記者発表会に出席。7月10日に自身もCDデビューを控えており、今後は「出来ればいつか作詞も参加させていただけたらうれしい。でもどんな歌でも、自分の等身大でありのままの気持ちを伝えていけたら」と笑顔で意気込んだ。

 剛力は自身が起用されたポスターと同じ衣装にギターを持って登場。以前、別の仕事でギターを弾いたことがあるといい「思い出せたら弾けただろうけど難しい。久々に触って楽しかった」と満足げ。「ギター、弾けたらいいんだろうな。ちょっとずつ練習していきたい。なんでもやりたい。やりたいことは全部挑戦したい」と好奇心はやまず「もちろん中途半端は嫌なので全力ですべてぶつかっていきたい」と強く誓った。

 同イベントが10代のアーティスト限定で開催されることにちなみ、10代の時の自分について剛力は「友達に支えられてきた。高校を卒業しても長く続いている子もいるし、喧嘩したりぶつかったのもいい思い出。いろんなことを吸収して悔いなく過ごせた」と懐かしんでいた。

 TOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』とソニーミュージック、KDDIの共催で8月4日に東京・日比谷音楽堂で開催される同イベントには、剛力も応援ガールとして来場予定。出演者は現在選考中で7月中旬にファイナリストが決定される。応援ガールは過去に夏未エレナ(2009)、川口春奈(2010)北乃きい(2011)能年玲奈(2012)が務めた。



関連写真

  • 作詞&ギター演奏に意欲をみせた剛力彩芽 (C)ORICON NewS inc.
  • 7月に歌手デビューを果たす剛力彩芽=『閃光ライオット2013』記者発表会(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス