• ホーム
  • 音楽
  • 【オリコン】fripSide、『超電磁砲』OP曲で初首位

【オリコン】fripSide、『超電磁砲』OP曲で初首位

 男女2人組ユニット・fripSide(フリップサイド)の6thシングル「sister’s noise」(8日発売)が初週2.7万枚を売り上げ、5/20付週間ランキング首位に初登場した。首位獲得はシングル・アルバムを通じて初。これまでシングルは「only my railgun」(2009年11月発売)の3位、アルバムは、『infinite synthesis』(2010年12月発売)の8位が最高位だった。

 fripSideは音楽プロデューサーの八木沼悟志と声優でボーカルの南條愛乃からなる2人組。2002年に結成され、南條は2009年8月に2代目ボーカルとして加入した。本作は4月スタートのTVアニメ『とある科学の超電磁砲S<レールガン>』(TOKYO MXほか)のオープニング曲として起用されている。



■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。




関連写真

  • fripSide(写真左から:南條愛乃、八木沼悟志)
  • fripSideの6thシングル「sister’s noise」(8日発売)

オリコントピックス