• ホーム
  • 映画
  • トム・クルーズが約4ヶ月ぶり来日「日本のファンや文化は特別なもの」

トム・クルーズが約4ヶ月ぶり来日「日本のファンや文化は特別なもの」

 米俳優のトム・クルーズが7日、主演映画『オブリビオン』(31日公開)の来日記者会見を都内ホテルで行った。前作『アウトロー』以来、約4ヶ月ぶりの来日となったトムは「日本のファンや文化は僕にとって特別なものなんだ。日本で映画を撮るのは夢。19回も来日しているけど、あと19回来ても構わない。そのぐらい日本が好きなんだよ」と上機嫌に話した。

【写真】その他の写真を見る


 トムは6日にプライベートジェットで東京・羽田空港に来日。約500人のファンに迎えられ、その場でファンと丁寧に握手やハグを交わすなど交流を楽しんだ。会見ではトムとともに来日したオルガ・キュリレンコ、ジョセフ・コシンスキー監督と登場。

 キュリレンコは『007 慰めの報酬』(2008)以来、約4年半ぶりの来日で「トムがいなければこの映画はできなかった。特にスタントシーンは怖かったけど、経験豊富なトムが隣にいてくれたから自信が持てたし、心強かったわ」と笑顔をみせた。

 2077年の地球、エイリアンの攻撃を受け荒廃した地球に残されたジャック(トム)と、墜落した宇宙船で眠る美女ジュリア(オルガ)による切ないラブストーリーを描く。コシンスキー監督は『アラビアのロレンス』(1962)を意識して撮ったといい「ブルースクリーンの映画にはしたくなくて、実写で撮っているような映画にしたかった」と話していた。



関連写真

  • トム・クルーズ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)オルガ・キュリレンコ、トム・クルーズ (C)ORICON NewS inc.
  • トム・クルーズ主演映画『オブリビオン』の来日記者会見に出席したジョセフ・コシンスキー監督 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス