• ホーム
  • 芸能
  • 元AKB48仲谷、飲食店でアルバイト中「一般人です」 卒業後初公の場で目標語る

元AKB48仲谷、飲食店でアルバイト中「一般人です」 卒業後初公の場で目標語る

 元AKB48仲谷明香が30日、著書『非選抜だった私を救った48のことば』(中経出版・発売中)の出版記念イベントを都内で行った。

 声優になるために今年3月にAKB48を卒業した仲谷は先日、目標としていた声優オーディションに落選。この日、卒業後初の公の場となり「(落選も)バネにして、声優さんの事務所に入るのか養成所に通うのか考えていきたいです」と現在の心境を明かした。

 今はどこの事務所にも所属しておらず、「一般人です」と自己紹介。飲食店でアルバイトもしているといい「今のところは大丈夫(ばれていない)。ビクビクしながらやっています」と、アイドル時とは一転した近況も報告した。

 一方で仲谷は「若いうちは勉強して吸収していきたい。『サザエさん』や『ドラえもん』みたいな大きなレギュラーを持てるような、息の長い声優さんになりたい」と前向きに今後の声優としての目標を掲げた。

 また、AKB卒業生も対象となっていた『第5回選抜総選挙』(6月8日、日産スタジアム)に立候補しなかった仲谷は、「自分の声優としての夢の土台ができてから、もしまた立候補制があったらメンバーに会いにいきたいですけど、今はその時期じゃないかな」と不出馬を説明。続けて「スタジアムには見に行きたい。次世代の子たちが上位にいってもらえたら、どんでん返しで面白いんじゃないかな」と期待を寄せていた。

 この日は集まったファン400人との久々の交流に「うれしい」と声を弾ませ「声優としてファンの方にお会いできる機会をつくりたい」とこれからの自身の活動に意欲を見せていた。



関連写真

  • 卒業後初の公の場に登場した仲谷明香 (C)ORICON NewS inc.
  • 将来への抱負を語ったなかやん (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス