• ホーム
  • 芸能
  • 岩城滉一、14年に宇宙飛行挑戦「地球は青かったって言いたい」

岩城滉一、14年に宇宙飛行挑戦「地球は青かったって言いたい」

 俳優の岩城滉一(62)が2014年に日本のタレント初となる民間人宇宙飛行に参加することになり18日、都内で記者会見を行った。岩城は「リスクとかあるでしょうけど、成功したら安全なんだって行きたがる人が世界中にいらっしゃるのでは。絶対やります。やる以上は中途半端にはできない性格なので」と意気込みを語った。

【写真】その他の写真を見る


 オランダの民間人を対象に宇宙旅行事業を行うSXC社と宇宙パイロット向けの腕時計を開発してきたLUMINOXが共同して発足したプロジェクト『LUMINOX SXC SPACE ADVENTURE』で、民間人宇宙飛行に挑戦することになった岩城。

 同社の時計を愛用していたことから依頼が来たという岩城は当初「いいんじゃないのって軽い返事をしちゃた。去年一年は話題も出ず過ごしてきたが、今年になって突然スーツが届いて驚いた」と、一時は同プロジェクトのことを忘れていたと振り返り「今日からがスタート」と、トレーニングウェアに初めて袖を通して気を引き締めた。

 岩城は、出発から帰還まで45分間のフライトに挑戦。宇宙空間には3、4分程度の滞在となるが「『地球は青かった』って言いたい」と気合十分。今回、フライトで搭乗するのは岩城とパイロットの二人のみで、岩城は地上60キロまで上昇する9万5千ドル(約930万円)のツアーに自費で参加する。9月より丸1日行われるトレーニングに参加するが、今までレーサーとして活躍するほか、スキューバダイビングなど数々のスポーツを行なってきた経験を持つ岩城は「体だけは準備万端、普通の人よりも体力には自信がある」と胸を張った。

 家族には「妻は話せば理解してくれる。万が一、万が一があった時は星になっていつも見てると説明した」と言い「絶対成功すると思います」と誓った。

 発表会では岩城にSXC社CEOのマイケル・モル氏からチケットと実際に搭乗するスペースシップの模型が贈呈された。岩城は来年4月〜5月に米・カリフォルニア州モハベからフライトする。



関連写真

  • 日本のタレント初となる民間人宇宙飛行参加が明らかになった岩城滉一 (C)ORICON NewS inc.
  • 私物のトレーニングウェア姿で登場した岩城 (C)ORICON NewS inc.
  • 宇宙飛行参加が明らかになった岩城滉一=宇宙旅行事業『LUMINOX SXC SPACE ADVENTURE』記者会見 (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス