• ホーム
  • 芸能
  • 西田敏行、三國さん死去に沈痛「私のスーさんが逝きました」

西田敏行、三國さん死去に沈痛「私のスーさんが逝きました」

 俳優の三國連太郎さん(享年90)が14日に急性心不全のため死去したことを受け、映画『釣りバカ日誌』シリーズで20年以上共演した俳優の西田敏行(65)が、所属事務所を通してFAXでコメントを寄せた。

 “スーさん&ハマちゃん”で名コンビを生み出した西田は「私のスーさんが逝きました。いつかこんな日が来ると覚悟はしていたものの、現実にその時が来たと知らされると、にわかには信じられません」と沈痛の様子。

 「そして私としては、松竹映画プログラムピクチャー『釣りバカ日誌』で22年ご一緒出来たことは私の誇りであります。スーさんお世話になりました そして心からありがとうございました」と故人を偲んだ。

 また、これまでの活躍について「三國連太郎氏が、日本の映画界に残された功績は、計り知れないものです 関わられた、どの作品も 日本の名作です」と綴っている。

 同シリーズで共演した女優の浅田美代子(57)も「謹んでお悔やみ申し上げます。たくさんの楽しい思い出、ありがとうございました。スーさんの笑顔、忘れません。どうぞ、安らかに」と追悼コメントを寄せている。



オリコントピックス