• ホーム
  • スポーツ
  • 【オリコン】日本代表GK・川島の外国語学習法著作が上昇、スポーツ部門首位

【オリコン】日本代表GK・川島の外国語学習法著作が上昇、スポーツ部門首位

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 日本サッカーを代表するゴールキーパーで、ベルギー・スタンダール・リエージュ所属の川島永嗣選手の著書『本当に「英語を話したい」キミへ』(3月19日発売/世界文化社)が、4/15付オリコン“本”ランキングBOOK(総合)部門で、先週の100位圏外から24位に急上昇。ジャンル別のスポーツ関連部門では首位を獲得した。

 サッカー選手による同部門首位は、昨年8/13付で長友佑都選手の『上昇思考 幸せを感じるために大切なこと』(2012年5月25日発売/角川グループホールディングス)以来、8カ月ぶり。

 今では海外メディアのインタビューを流ちょうな英語でこなし、オランダ語やフランス語など日本語を含め7ヶ国語を操る川島選手だが、実は“英語が全く話せない”ゼロからのスタートだった。同著には、そんな川島選手がいかにして英語を会得したのか、数々の勉強法と夢を追い続ける強い信念、海外チーム移籍での今だから笑えるエピソードなどが綴られている。

 各項のタイトルを「TRY:色々な勉強法にトライ、試行錯誤の日々」「ATTACK:英語をわかり始め、よりステップアップへ」「CHALLENGE:海外移籍。英語力もアップ、他言語もマスター」とし、「勉強のための勉強ではなく、自分の目的に向かって覚える」という川島選手の生きる姿勢をも読み取ることができる一冊となっている。

■調査協力店
旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店(くまざわ書店/いけだ書店/ACADEMIA)、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンネットショッピング、TSUTAYA、戸田書店、明屋書店、フタバ図書、ブックスタマ、丸善、漫画全巻ドットコム、未来屋書店(未来屋書店/ミライア/ブックバーン/LE MIRAI/MIRAIYA SHOTEN)、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、楽天ブックス、LIBRO、WonderGOO ほか全国書店1717店舗(WEB通販含む)※2010年10月18日付現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

オリコントピックス