• ホーム
  • 芸能
  • 塩谷瞬、歓喜!『忍風戦隊ハリケンジャー』Vシネで10年ぶり復活

塩谷瞬、歓喜!『忍風戦隊ハリケンジャー』Vシネで10年ぶり復活

 俳優の塩谷瞬が“ハリケンレッド”を演じたテレビ朝日系スーパー戦隊『忍風戦隊ハリケンジャー』(2002年2月〜2003年2月)が、Vシネマ完全オリジナル新作として10年ぶりに復活する。撮影初日の3日、東映東京撮影所で塩谷をはじめ長澤奈央山本康平らメインキャストが勢ぞろいし、それぞれに意気込みを語った。

【写真】その他の写真を見る


 会見には、レッドの塩谷、ブルーの長澤、イエローの山本、カブトライジャーの白川裕二郎、クワガライジャーの姜暢雄、敵キャラ・フラビージョ役の山本梓とウェンディーヌ役の松田佳代(当時は福澄美緒の名で出演)、謎の少年として初出演する子役の橋本仰未が出席。

 塩谷は「当時のメンバーが誰ひとり欠けずに集まって、再び『ハリケンジャー』が作れるなんて、本当にうれしい」とひときわ笑顔を輝かせた。「この作品がなければ、きょうのこの場もいないし、たくさんの作品に出ることもありませんでした」とこの10年の月日に思いを巡らせ、感慨深げ。キャストだけでなく当時のパイロット監督・渡辺勝也氏と脚本担当の宮下隼一氏がタッグを組み、撮影現場のスタッフにも再結集を呼びかけた。

 「そんな中で撮影していたら、今なのか10年前なのかわからなくなった」と塩谷が言えば、すかさず姜が「今でしょう」と突っ込むなど、ブランクを感じさせない絶妙な掛け合いも見せ、“チーム・ハリケンジャー”チームワークの良さをうかがわせた。

 そもそも今回の企画は、戦隊Vシネ史上初のキャスト主導で製作が決定し、長澤と山本がアソシエイト・プロデューサーとして名を連ねる異例作。「放送当時から続編を希望していた」という塩谷と、「撮影中も番組が終わった後も年に一回は集まっていたほど、キャスト同士仲が良かった」という長澤、そして山本の3人が『ハリケンジャー』として『海賊戦隊ゴーカイジャー』(2011年8月14日放送)に出演したのをきっかけに、続編への思いが再燃。中でも長澤が粘り強くプロデューサー陣に働きかけ、山本は企画台本を8稿まで執筆する熱意をみせて、製作サイドを動かした。

 そんな長澤と山本の頑張りにほかのキャストも感謝し、山本梓は「二人がすごく頑張ってくれたから、10年ぶりにみんなと一緒に『ハリケンジャー』が復活できて本当にうれしいです」と涙を流して喜んでいた。

 無事、クランクインを迎えて、長澤は「私たちのわがままから始まったことなのに、たくさんの人たちが力を貸してくださって、本当にうれしい。きょうは机の上で書いていたものが、こうして役者が集まって命を吹き込んでいくんだなと実感して、感動していました。やっと始まったんだなという気持ちが強かったです」と感激もひとしお。

 この10年で最も変わったのが、ウェンディーヌ役の松田。『ハリケンジャー』の数年後に芸能界を引退し、結婚して子育てをしながら「戦隊シリーズを応援した」というが、今回の出演オファーを快諾し、「体型も気にせず主婦として生きていたので、『ハリケンジャー』にドロを塗らないように体型を整えてきました」と見事なボディラインを披露していた。

 Vシネマ『忍風戦隊ハリケンジャー 10 YEARS AFTER』は8月9日にDVD&Blu-rayで発売される。



関連写真

  • 『忍風戦隊ハリケンジャー』が10年ぶり復活! (写真左から)山本康平、長澤奈央、塩谷瞬、白川裕二郎、姜暢雄 (C)ORICON NewS inc.
  • 再会に歓喜する塩谷瞬(中央) (C)ORICON NewS inc.
  • 10年ぶりのスーパー戦隊『忍風戦隊ハリケンジャー』一同! (C)ORICON NewS inc.
  • 10年ぶりのスーパー戦隊『忍風戦隊ハリケンジャー』一同! (C)ORICON NewS inc.
  • 戦士たちがVシネマ完全オリジナル新作として帰ってくる (C)ORICON NewS inc.
  • (写真左から)山本康平、長澤奈央、塩谷瞬、白川裕二郎、姜暢雄 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス