• ホーム
  • 映画
  • 世界が注目する「人型ロボット」開発 NHKスペシャルで最新情報公開

世界が注目する「人型ロボット」開発 NHKスペシャルで最新情報公開


 『鉄腕アトム』から『機動戦士ガンダム』まで…。数多のロボットヒーローを生み出してきた日本は、現実の世界でもロボット開発の先進国。なかでもヒューマノイドと呼ばれる「人型ロボット」の本格的な開発は日本でしか行われていなかったという。それが、2年前の福島第一原発事故以降、世界の注目はヒューマノイドに向けられ、し烈な開発競争が巻き起こっている。17日放送の『NHKスペシャル ロボット革命 人間を超えられるか』(後9:00)では、世界のロボット開発をめぐる最新情報を一挙公開する。

【写真】その他の写真を見る


 これまで必要とされていたのは、工場などで動く産業用のロボットだった。しかし福島の原発事故が世界のロボット開発を根底から変えた。想定外の緊急事態においては、一つのことしかできない専門型ロボットではなく、人間のように判断し、さまざまな作業ができるヒューマノイドでなければ人間に代わって活動するのは難しいと、不幸にも証明されたのだった。

 米国防総省では、大規模災害に対応できるヒューマノイドを開発するプロジェクトをスタートさせた。過酷な戦場で蓄えたノウハウを動員、世界の企業や研究機関の頭脳を集結している。一方、現在世界最高のヒューマノイド・アシモを開発したホンダも、福島第一原発に投入すべく、アシモの技術を活かしたロボットの開発を急いでいる。

 人間に細かく操作されなくても自分の判断で行動し、階段をのぼったり、道具を扱うヒューマノイドが研究段階を越え、人間社会に進出しようとしている。そのとき“人間”社会はどう変わるのだろうか。原発事故を機に巻き起こったロボット革命の最前線を追う。番組のナレーションは、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』綾波レイ役の声優・林原めぐみが担当する。



関連写真

  • ホンダが開発した現在世界最高のヒューマノイド・アシモ(C)NHK
  • 3月17日放送の『NHKスペシャル「ロボット革命 人間を超えられるか」』で紹介される人が実際に搭乗して操作できる人型巨大ロボット「クラタス」(C)NHK
  • アシモの強力なライバル? 人工知能はアメリカ製の、韓国製二足歩行人型ロボット「ヒューボ」(C)NHK
  • 3月17日放送の『NHKスペシャル「ロボット革命 人間を超えられるか」』で紹介されるヒトと一緒に作業ができる、次世代産業用ロボット「ネクステージ」(C)NHK
  • 3月17日放送の『NHKスペシャル「ロボット革命 人間を超えられるか」』で紹介される人が実際に搭乗して操作できる人型巨大ロボット「クラタス」(C)NHK
  • 3月17日放送の『NHKスペシャル「ロボット革命 人間を超えられるか」』で紹介されるホンダが開発した現在世界最高のヒューマノイド・アシモ(C)NHK
  • 3月17日放送の『NHKスペシャル「ロボット革命 人間を超えられるか」』で紹介されるホンダが開発した現在世界最高のヒューマノイド・アシモ(C)NHK
  • 3月17日放送の『NHKスペシャル「ロボット革命 人間を超えられるか」』で紹介されるホンダが開発した現在世界最高のヒューマノイド・アシモ(C)NHK
タグ

オリコントピックス