吉高由里子、映画での好感度アップ喜ぶ

 女優の吉高由里子が11日、都内で行われた映画『横道世之介』トークイベントに出席した。同作が「周りからすごく評判がいい」という吉高は、「わりとさらっと終わるのかなと思ったけど、しつこくイベントがまたあった」と笑顔で告白。さらに、自身の役の反響も良いようで「本当に私の好感度を上げてくれる映画です」と上機嫌だった。

 同作は、吉田修一の同名小説を映画化。お人好しで憎めない性格の横道世之介(高良健吾)を中心に、恋人の与謝野祥子(吉高)と彼らをとりまく周囲の青春時代を描く。

 撮影時を「放牧されているみたいだった」と振り返った吉高は、実際に映画を鑑賞し「(見た目が)パンパンだった。あんなに丸くてコロコロしてて、本当に放牧されているみたい」と自虐コメント。主演の高良健吾とは「クランクインのとき、一言も話さなかった。お互い緊張していました」と当時の思い出を懐かしそうに明かした。

 イベントには、沖田修一監督も出席。沖田監督は同作の撮影を通じて「今後、キャスティングを考えるときに(吉高の)名前が浮かぶだろうな。また一緒に面白がりたい」と早速ラブコールを送っていた。



関連写真

  • ヒット御礼トークイベントに出席した、吉高由里子(C)ORICON DD inc.
  • 吉高由里子と沖田修一監督(C)ORICON DD inc.
  • 吉高由里子と沖田修一監督(C)ORICON DD inc.

オリコントピックス