• ホーム
  • 映画
  • 古田新太が連ドラ初主演 “相棒”役にはKAT-TUN・中丸

古田新太が連ドラ初主演 “相棒”役にはKAT-TUN・中丸

 俳優の古田新太が、4月13日スタートの新土曜ドラマ『間違われちゃった男』(後11:10 フジテレビ系)で連続ドラマ初主演を務めることが25日、わかった。古田は、人情に厚く、涙もろいせいで失敗を繰り返すコソ泥役。その“相棒”役を、人気グループ・KAT-TUNの中丸雄一が演じる。

 物語のベースとなるのは、昨年末解散した劇団・東京セレソンデラックスの『ぴえろ』。同劇団主宰だった俳優・宅間孝行が、今作のチーフ監督として演出に携わり、自ら再構築して連ドラ用に書き下ろし。下町・蔵前のすし屋「すし政」を舞台に繰り広げられる人情味あふれるコメディーが展開される。

 10年前に「すし政」を飛び出した腕利きの板前・テルと勘違いされるコソ泥・沢木裕次郎を演じる古田は「笑えて泣けるおもしろい台本なので、本に忠実に大切に作っていきたいです」と気合十分。一方で「おいらが主演ということで、数字(視聴率)だけが心配です。頑張れ、中丸!」と不安要素はタッグを組む“相棒”に託す。

 沢木の舎弟・ヤス役の中丸は「古田さんとは依然バラエティー番組でご一緒させていただいたことがありますが、連続ドラマでの共演は初めてなので、撮影が今から楽しみです」と、クランクインが待ち遠しい様子だ。

 古田&中丸コンビのテンポある軽妙な掛け合いは見どころの一つになりそうだ。



オリコントピックス