• ホーム
  • 映画
  • 佐藤隆太、新ドラマでろくでなしヒーロー熱演!「クズ野郎を思いっきり演じたい」

佐藤隆太、新ドラマでろくでなしヒーロー熱演!「クズ野郎を思いっきり演じたい」

 俳優の佐藤隆太が、4月4日スタートの新ドラマ『でたらめヒーロー(仮)』(毎週木曜後11:58 読売テレビ・日本テレビ系)で主演を務めることが19日、わかった。佐藤が演じるのは、普段はろくでなし男ながらも、10分間超人的な力を発揮できる“ヒーロー”で「変身ヒーローものをずっとやってみたかった」と意気込んでいる。

【写真】その他の写真を見る


 人気を博したドラマ『ROOKIES』(TBS系)や『まっすぐな男』(フジテレビ系)などに出演し、“まっすぐな熱い男”という印象が強い佐藤。今作では一転、自分勝手で最悪なろくでなし男を熱演する。

 自分を犠牲にしてでも弱者を助ける「正義の味方」とは真逆の男が、ヒーローに変身するというギャップがウリの同作。念願のヒーロー役に挑戦する佐藤も「クズ野郎を思いっきり楽しんで演じたい。“ヒーロー”か“ヒール”かの紙一重のキャラクターを作っていこうと思っている」とイメージをふくらませ、早くもやる気満々だ。

 佐藤演じる久住健太は、無職で面倒なことを嫌い、女に金をせびり、誰かに感謝されるようなこととは無縁の人生を送ってきた、どうしようもない最低男。だが、謎のドロップを食べることにより、たった10分間だけ身体能力や感覚が10倍になる超人的な力を持つ『ゴーグルZ』というヒーローに変身する。

 佐藤いわく、変身後の健太は「単純に能力を得て喜んでいる」だけで、その能力を知った親友の警官によって無理やりヒーローに仕立て上げられるという、これまでのヒーローものの常識を覆した内容。ただ、健太の成長も描く人間ドラマとなっており「笑って泣ける作品にしたい」と見どころを語っている。

 幼馴染の警察官役は塚本高史、義理人情に厚いコンビニのアルバイト店員は本仮屋ユイカ、健太の姉が開発した超人能力の研究データを狙っている謎の男は小日向文世がそれぞれ演じる。



関連写真

  • 4月4日スタートの新ドラマ『でたらめヒーロー(仮)』に出演する佐藤隆太
  • 佐藤の幼馴染で警察官役を演じる塚本高史
  • 4月4日スタートの新ドラマ『でたらめヒーロー(仮)』に出演する本仮屋ユイカ
  • 4月4日スタートの新ドラマ『でたらめヒーロー(仮)』に出演する小日向文世

オリコントピックス