• ホーム
  • 音楽
  • ELT、声優初挑戦 アニメ映画『はなかっぱ』に“もっちー”“いっくん”登場

ELT、声優初挑戦 アニメ映画『はなかっぱ』に“もっちー”“いっくん”登場

 人気ユニット・Every Little Thingが、アニメ映画『映画はなかっぱ 花さけ!パッカ〜ん♪ 蝶の国の大冒険』(4月12日公開)にて、デビュー16年目で初の声優に挑戦することが明らかになった。26日、埼玉・三郷市文化会館で行われたコンサートツアー『Every Little Thing Concert Tour 2013 ‐ON AND ON‐』の初日公演で発表された。ELTは主題歌も担当する。

 アンコール1曲目の後、「今日はツアー初日という事でとってもかわいいゲストが来ています」と、持田香織の呼び込みで子どもたちに絶大な人気を誇るキャラクター、“はなかっぱ”と“ももかっぱ”がサプライズで登場。持田と伊藤一朗が初声優として参加する映画オリジナルキャラクター、蝶の国の門番“もっちー”と“いっくん”が紹介されると、持田は「何これ!新しい!!」、伊藤は「もっちー似てる!」と大興奮。さらに持田は “はなかっぱ”の笑い声を真似して、会場を沸かせた。

 持田は「声優として参加させていただけることは身に余る光栄」と喜びを語り、「何ぶん、話し声や笑い声にはまったく自信がありませんので、未知ですが、こんな経験はそうあることではない奇跡と感じておりますので、頑張らせていただきます」と意気込んだ。

 主題歌「Lien(リアン)」はフランス語で「絆」という意味。伊藤は「絆の強さや優しさというものを大切に想いながら制作しましたので、楽しんでもらえるとうれしく思います」。持田も「これが絆です、と言葉で表しきれるものではないのですが、支え合いながら、人と人が作り出してゆける温かさに、また、明日からを強くあれたらという願いを込めて。たくさんの人たちに届いてくれたらいいな」と曲に込めた思いを明かした。

 同作は、あきやまただし氏の絵本を原作に、NHK・Eテレで2010年より放映されている、頭の上に花が咲いているはなかっぱを主人公にしたショートアニメ初の劇場版。やまびこ村からさらわれた母親たちを助けようと立ち上がった、はなかっぱや友人たちの冒険を通して、勇気や友情、親子の絆を描いていく。



オリコントピックス