• ホーム
  • 映画
  • SMAP香取、“超霊感体質”の教師役でドラマ主演 ヒロイン杏は地縛霊

SMAP香取、“超霊感体質”の教師役でドラマ主演 ヒロイン杏は地縛霊

 SMAP香取慎吾が、4月スタートの関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『幽かな彼女(仮)』(毎週火曜 後10:00)に主演し、超霊感体質の中学校数学教師を演じることが21日、わかった。女優・演じる元教師の地縛霊とコンビを組み、学校で起こるさまざまな問題に全力でぶつかっていく学園ラブコメディ。香取は「僕は幽霊が嫌いです。怖いです。幽霊関係の仕事をなるべく避けて、ここまでやって来ましたが、まさか幽霊と恋に落ちる日が来るとは…」とコメント。クランクインを2月中旬に控え、「まずは、お祓いに行って来ます!!」と意気込んでいる。

 香取が演じる神山暁は、前にいた学校でいじめ問題を解決しようと取り組み、その行動が裏目に出てしまったトラウマを持つ。「とにかく、必要以上のことはしない」と心に決め、小原南中学校に赴任。引っ越し先のマンションで地縛霊として住み着いていたアカネ(杏)と出会う。杏とはドラマ初共演だが「変に驚かせたり、怖がらせたりしない、綺麗な幽霊でいて欲しい」と懇願した。

 一方の杏は、『妖怪人間ベム』(日本テレビ系)で妖怪、『ホリック〜xxxHOLIC』(2月24日スタート、WOWOW)で魔女、そして同作で幽霊を演じることになり、「フルコンボ達成しました! もう何も怖いものはありません!」とノリノリ。香取との共演も「バラエティなどで何度かご一緒させていただきましたが、お芝居ははじめてなのでドキドキしています。2人のお芝居が多いと思うので緊張しますが、体当たりで頑張りたいと思います! 幽霊なので体当たりできないかもしれませんが…」と楽しみにしている。

 暁は、“構ってちゃん”なアカネの突飛な行動や「死んでいる立場」からのアドバイスに振り回されつつ、直面する問題を解決していくことで、少しずつ「教師として本当に大切なこと」を見出していく。人間と幽霊の垣根を越えた恋模様も見どころ。香取は「ラブとコメディに助けられながら、楽しんで幽霊と撮影頑張ります! 最終回には、生徒たちが泣きながら『先生〜!』と抱きついて来るぐらい好かれちゃう教師になれるよう頑張ります!」と意気込んでいた。

 関西テレビの木村淳プロデューサーは「教師の現状に冷めた目を向けながらも、生徒を目の前にしていざ問題に立ち向かう際には、熱いスイッチが入る。コメディの要素もありながらアツくて感動する要素もある、そんなキャラクターを演じられる香取さんが見たいい」と期待を寄せている。



オリコントピックス