• ホーム
  • 音楽
  • 【年間音楽ソフト市場(1)】6年ぶり前年超え! DVD&BDが初の700億円突破

【年間音楽ソフト市場(1)】6年ぶり前年超え! DVD&BDが初の700億円突破

 オリコンは18日、2012年度の音楽ソフト(シングル、アルバム、音楽DVD、音楽Blu-ray Disc=以下BD)の売り上げをまとめた『年間マーケットレポート』を発表した。市場全体の総売上額は3270.3億円(対前年比104.1%)となり、2006年以来6年ぶりに前年実績超えを記録。総売上枚数は1億2053.4万枚(同101.4%)にのぼり、2004年の調査以来初の前年超えとなり、市場回復傾向の兆しをみせた。

 盤種別でも、7年ぶりに「シングル」「アルバム」「音楽DVD」「音楽BD」の全盤種が前年比増を記録。なかでも映像商品が好調で、音楽BDの総売上は前年比約2倍の194.2%、音楽DVDの売上も同104.8%。双方を合計した音楽映像ソフト市場は前年比114.0%と1割以上増加した。

 音楽ソフト市場における映像ソフト(ライブDVD、ミュージックビデオ集など)の比重は年々高まり、2004年は全体の12.8%にすぎなかったが、2012年は調査開始以来初の700億円を突破する783.5億円を売り上げ、市場の約4分の1にあたる24%を占めるまでになった。音楽と映像を一緒に楽しむことが浸透してきていることをうかがわせる。

 これに加え、市場の5割以上を占めるアルバム売上の下げ止まりも大きかった。音楽映像ソフト市場は2008年から右肩上がりで成長、シングルも2010年から前年比増に転じていたのに対し、アルバムは2007年から減少を続け、市場全体の縮小に大きく影響を及ぼしていた。

 アルバムは2012年下半期でようやく回復基調(上半期=前年比94.1%、下半期=同107.3%)を見せ、微増(100.8%)ながらも前年の売り上げを上回った。2011年に年間売上額20億円以上を記録したアルバムは6作品だったのに対し、2012年は倍の12作品。そのうち、Mr.Childrenが3作、桑田佳祐、松任谷由実、山下達郎が各1作と20年以上のキャリアを持つアーティストが6作品を占め、市場巻き返しに大きく寄与した。

 また、シングル総売上も前年比103.1%と依然好調。売上上位20タイトルはAKB48関連が12作(AKB5作、SKE3作、NMB4作)、ジャニーズ関連8作(3作、Kis-My-Ft2が3作、関ジャニ∞(エイトレンジャー含む)2作)で占められた。20位以下も2012年新人セールス1位の乃木坂46、昨年躍進したももいろクローバーZら女性アイドルグループがしのぎを削り、アイドルたちが市場活性化に貢献した。

>> 2012年年間ランキング特集TOP
シングルTOP100アルバムTOP100アーティストトータルセールスTOP5




■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。

オリコントピックス