• ホーム
  • 音楽
  • ノースリーブス新曲は“金爆”鬼龍院が作曲 「えっ?と聞き直した」

ノースリーブス新曲は“金爆”鬼龍院が作曲 「えっ?と聞き直した」

 人気アイドルグループ・AKB48の小嶋陽菜(24)、高橋みなみ(21)、峯岸みなみ(20)の1期生3人組ユニット、ノースリーブスの9thシングル「キリギリス人」(来年1月16日発売)の作曲をゴールデンボンバーのボーカル、鬼龍院翔(28)が担当していたことが明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 同曲は、ノースリーブスがレギュラー出演するフジテレビ系『スナック喫茶エデン』(毎月1回不定期 日曜・深0:25〜)の11月18日放送回で初披露。当初は小嶋主演ドラマ『メグたんって魔法つかえるの?』の主題歌が表題曲となる予定だったが、総合プロデューサー・秋元康氏がGoogle+で「『エデン』で披露した曲が評判がいいので」と急きょ、1年1ヶ月ぶりのシングル表題曲に決まった。

 ノースリーブスの3人は不思議なタイトルについて「『アリとキリギリス』に登場するキリギリスのように『後のことは考えずに、今はとにかく歌って踊って騒ごうぜ!』という意味なんですが…」と解説。「鬼龍院翔さんが楽曲提供してくれて、これまでのノースリーブスにはなかった、めちゃくちゃアガるパーティーチューンに仕上がっています」と喜んだ。

 一方、ゴールデンボンバーの全楽曲の作詞作曲を手がけるキリショーは「あの秋元康さんと一緒にお仕事ができるなんて、ミュージシャンとして大変光栄に思います」と恐縮。「付けていただいたタイトルを聞いたときは思わず『えっ?』と聞き直してしまいましたが、意外な言葉を作り続けていることに、また舌を巻きました。ノースリーブスさんに歌っていただくのを楽しみにしています」とコメントを寄せた。

 先月、都内のライブハウスで撮影したファン1500人も出演するミュージックビデオが完成。ライブさながらのステージセットが組まれ、ノースリーブスがバックダンサーや客席のファンと一体となって歌い、踊った。AKB48の中心メンバーと飛ぶ鳥を落とす勢いのゴールデンボンバーのコラボ曲で、ノースリーブス念願のオリコンシングル1位獲得なるか注目される。



関連写真

  • AKB48の1期生3人組ユニット、ノースリーブス(写真左から小嶋陽菜、高橋みなみ、峯岸みなみ)
  • 楽曲を提供した鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)
  • 9thシングル「キリギリス人」初回盤Type-Aは、こじはること小嶋陽菜のソロジャケ写が目印! 
  • 9thシングル「キリギリス人」初回盤Type-B(写真は高橋みなみ)
  • 9thシングル「キリギリス人」初回盤Type-C(写真は峯岸みなみ)
  • 9thシングル「キリギリス人」通常盤

オリコントピックス