• ホーム
  • 芸能
  • 【12年ヒット分析】著者自ら効果を実証〜「信頼」を獲得したダイエット本がロングヒット

【12年ヒット分析】著者自ら効果を実証〜「信頼」を獲得したダイエット本がロングヒット

 昨年2月からロングセールスを続け、160万部を突破している『寝るだけ!骨盤枕ダイエット』(学研パブリッシング・刊)や、著者本人のメディア出演も奏功してシリーズ3作で累積421.1万部を売り上げた樫木裕実の「樫木式カーヴィーダンス」シリーズ(学研パブリッシング・刊)など、今年もおまけやDVD付きの美容・ダイエット関連本が好調だった。

 そんななか、今年とくに話題を集めた作品が、俳優の美木良介が独自の呼吸法を提案する『美木良介のロングブレスダイエット』(徳間書店)だ。

 昨年のシリーズ1作目の発売タイミングで会見を開き、自ら引き締まったボディーを披露してアピール。さらにその後も、2週間おきのタイトなペースで定期的に全国を回り、書店やショッピングセンターで「実践トーク&サイン会」を開催しており、スケジュールは今年の年末までぎっしり埋まっている。そういった草の根運動的なプロモーションを行うと同時に、テレビやラジオ出演も積極的に行い、呼吸法の効果を伝えた。その結果、シリーズ続編も順調に部数を伸ばしている。

 この商品は、自分に必要なのか、納得してから購入するという消費者が増えている。そこで結果をしっかりと示し、読者からの信頼を獲得できるかどうかが、ロングセールスにつながる重要な要素だ。(オリジナル コンフィデンスより)



関連写真

  • 『美木良介のロングブレスダイエット』(著) 美木良介 徳間書店・刊

オリコントピックス