• ホーム
  • 音楽
  • 海荷感激! 9nine、「スタドラ」で初の映画主題歌

海荷感激! 9nine、「スタドラ」で初の映画主題歌

 女優・川島海荷らによる5人組ガールズグループ・9nineが、アニメ映画『スタードライバー THE MOVIE』(来年2月9日公開)の主題歌を担当することが27日、わかった。初の映画主題歌に川島は「映画館で9nineの曲が流れると思うと、感激です! ぜひ最後まで席を立たず、わたしたちの歌をたくさんの人に聴いてもらいたいです!」と大興奮で呼びかけている。

 南の島を舞台に少年と彼を取り巻く人々の夢と友情と恋愛模様を描き、2010年10月よりMBS・TBS系列で放送されたテレビ版『STAR DRIVER 輝きのタクト』。そのオープニングテーマ「SHINING☆STAR」とエンディングテーマ「Cross Over」を担当していた9nineが、新たに主題歌「Colorful」を担当。来年2月6日にシングル発売も決定した。

 映画版ではテレビ版全25話を再構成。主要キャラクター、タクト、スガタ、ワコの3人の関係性にフォーカスして、彼らのその後の活躍を完全新作として追加した。それを彩る新曲は「何が起こっても 絶対!大丈夫だから」という力強いフレーズが印象的な、前向きな一曲。五十嵐卓哉監督は「疾走感のある爽快な楽曲を提供していただいて、観ている人を映画の世界へぐっと引き込むキラキラとしたパワーをいただきました」と絶賛した。

 川島は「いままで『スタドラ』をきっかけに9nineのことを好きになってくれた人も多いので、わたしたちにとって恩人といえるアニメです」と感激。「『colorful』は駆け抜ける曲です!聞くと悩みも吹っ飛ばしてくれるような爽快感のある1曲になったと思います!そして、けっこう高音です!」とノリノリでアピールしている。



関連写真

  • 映画『スタードライバー THE MOVIE』の主題歌として起用された9nine
  • 映画『スタードライバー THE MOVIE』キービジュアル (C)BONES/STAR DRIVER THE MOVIE製作委員会

オリコントピックス