• ホーム
  • 芸能
  • “タニタ”に続け! メーカー公認レシピ本ブーム到来

“タニタ”に続け! メーカー公認レシピ本ブーム到来

 今年1月、丸の内にオープンして話題になった“タニタ食堂”。開店のきっかけは、2010年に発売されたレシピ本『体脂肪計タニタの社員食堂』(大和書房刊)だ。ロングセラーとなった同書に続けとばかりに、今、メーカー公認のレシピ本の発売が相次いでいる。どの本でも自社製品を使った斬新なレシピが紹介されており、発売元ならではの視点を活かした内容となっている。

【写真】その他の写真を見る


 なかでも多数発売されているのは、調味料メーカーによるレシピ本だ。『キッコーマン しあわせのおいしい食卓』(ナツメ社刊)や『S&B社員のとっておき赤缶カレー粉レシピ』(池田書店刊)、『ミツカン社員公認 お酢レシピ』(ワニブックス刊)などのほか、ヤマキは『ヤマキの割烹白だしレシピ』(幻冬舎ルネッサンス刊)と『ヤマキの秘伝めんつゆレシピ』(同)の2冊を発売。これらの本では、「カレー風味のあんドーナツ」や「ほんのり甘いほうじ茶ビネガー」、「めんつゆとナポリタン」など、思わず声を挙げて驚いてしまいそうなレシピが紹介されている。

 さらにヨーグルトのメーカーからも、レシピ本が続々登場。今年8月には『小岩井ヨーグルトレシピ』(ワニブックス刊)が発売されたうえ、11月23日には『明治ブルガリアヨーグルト レシピBOOK』(アスコム刊)が発売に。アスコムの担当者は、「大人から子どもまで、ヨーグルトに“こんな使い方あったんだ!”と驚きながら楽しんでほしいです」とコメントしており、「ヨーグルトの漬物」や「ヨーグルトみそ汁」といった目から鱗のレシピを多数掲載しているという。

 そのほかに今後、発売を控えているのは、『kiri クリームチーズレシピ』(11月26日発売・ワニブックス刊)や『月桂冠社員の酒粕レシピ』(11月30日発売・メディアファクトリー刊)、『森永ホットケーキミックスレシピ100』(12月3日発売・ワニブックス刊)など。これらのレシピ本を参考にして、普段とは少し違った料理を楽しむのもいいかもしれない。



関連写真

  • きょう発売の『明治ブルガリアヨーグルト レシピBOOK』(アスコム刊)
  • 11月26日に発売される『kiri クリームチーズレシピ』(ワニブックス刊)
  • 12月3日に発売される『森永ホットケーキミックスレシピ100』(ワニブックス刊)
  • 『ミツカン社員公認 お酢レシピ』(ワニブックス刊)
  • 『小岩井ヨーグルトレシピ』(ワニブックス刊)
  • 『ヤマキの割烹白だしレシピ』(幻冬舎ルネッサンス刊)
  • 『ヤマキの秘伝めんつゆレシピ』(幻冬舎ルネッサンス刊)
タグ

オリコントピックス