• ホーム
  • 映画
  • 大島優子、『悪の教典』上映後すぐ退場 「私はこの映画が嫌いです」

大島優子、『悪の教典』上映後すぐ退場 「私はこの映画が嫌いです」

 俳優・伊藤英明が主演する映画『悪の教典』(公開中)のAKB48メンバー限定特別上映会が18日に都内で開催され、大島優子、柏木由紀、秋元才加ら38名が鑑賞した。興奮するメンバーもいる一方で、高校教師が担当クラスの生徒を惨殺していく衝撃的な内容に、大島は上映後すぐに退場。「私はこの映画が嫌いです。命が簡単に奪われていくたびに涙が止まりませんでした。映画なんだからという方もいるかもしれませんが、私はダメでした。ごめんなさい」と素直な感情を吐露した。

 本上映会は、主演の伊藤がAKB48の12thシングル「涙サプライズ!」(2009年)のミュージックビデオに英語教師役として出演していたことから企画され、この日会場に駆けつけた伊藤と当時生徒役だったAKB48との“師弟関係”が再現された。

 上映後、伊藤がショットガンを手に登壇すると、本気で怖がるメンバーも続出。柏木由紀は「衝撃の連続で、思わず目をつぶってしまいそうになりましたが、最後まで見逃したくありませんでした。英明さんが『涙サプライズ!』の時とあまりに違いすぎて、人間不信になりそうなくらいでした」と苦笑。秋元才加は「こんなに怖い映画を観たのは初めてでした。それに英明さんがショットガンを持って登場したのが本当に怖かったです」と興奮冷めやらぬ様子で語った。

 メンバーたちと言葉を交わした伊藤は「皆さんのような国民的アイドルグループが観に来てくれたことが本当にうれしいです。一生懸命作った作品を、皆さんがここまで入り込んで観てくれて感動しました」と作品への手ごたえを新たにしていた。

 ローマ国際映画祭では、4分半にわたるスタンディングオベーションを受け海外でも高い評価を得ている同作。国内では早くも動員60万人を突破(18日時点)し、興行収入20億円を視野に入れる大ヒットとなっている。



関連写真

  • 上映後のステージで行われた花束贈呈(左から)柏木由紀、伊藤英明、三池崇史監督、秋元才加
  • 盛り上がったあとに最後はメンバー全員で記念撮影!

オリコントピックス