• ホーム
  • 映画
  • 争奪戦必至! 劇場版『ワンピース』入場者プレゼント「第千巻」の入った“宝袋”

争奪戦必至! 劇場版『ワンピース』入場者プレゼント「第千巻」の入った“宝袋”

 12月15日公開の映画『ONE PIECE FILM Z』の入場者プレゼントが5日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)等で発表された。原作コミックス『ONE PIECE』の「第千巻」をはじめ、原作者・尾田栄一郎氏の描き下ろしの品々が入った、その名も「海賊の宝袋」。2009年公開の前作『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』の入場者プレゼント「零巻」に続いて今回も数量限定のため、争奪戦必至となりそうだ。

【写真】その他の写真を見る


 前回の「零巻」では、尾田氏が本編でルフィと対峙するシキの過去を完全オリジナルストーリーで描き下ろし、限定150万部が即品切れとなる大反響。映画鑑賞者の強い要望により100万部を追加する事態となり、劇場には長蛇の列が出来るなど社会現象を巻き起こした。映画も興行収入48億円の大ヒットとなった。

 今回の「第千巻」の内容とその他の景品に関しては未発表だが、さらなる豪華景品が当たるスクラッチくじが「第千巻」に付く予定。3年ぶりの長編映画は、尾田氏が総合プロデューサーを務め、監督は『プリキュア』シリーズなどの長峯達也氏、脚本は放送作家の鈴木おさむ氏が担当。消滅の危機に晒される“新世界”。首謀者は“全海賊抹殺”を企む伝説の元海軍大将ゼット。その牙は麦わらの一味にも向けられて…。新世界の運命を賭けた闘いを描く。

 映画『ONE PIECE FILM Z』


関連写真

  • アニメ映画『ONE PIECE FILM Z』は12月15日公開/(C)尾田栄一郎/2012「ワンピース」製作委員会
  • アニメ映画『ONE PIECE FILM Z』は12月15日公開/(C)尾田栄一郎/2012「ワンピース」製作委員会

オリコントピックス