• ホーム
  • 映画
  • 幽霊屋敷在住の漫画家がホラー映画をコミック化

幽霊屋敷在住の漫画家がホラー映画をコミック化

 コミック『月刊少年チャンピオン』で連載中の漫画家・平沢健司が、ホラー映画『ドリームハウス』(23日公開)のコミカライズを手掛け、6日発売の同誌に「アンダーライフ特別編 ドリームハウスの巻」として掲載される。

【写真】その他の写真を見る


 平沢氏自身も、現在住んでいる、家賃3万円の庭付き1LDKの一軒家が「時々ふと気付くと知らない人達が勝手に上がり込んでいたりします」と幽霊屋敷であると告白。「顔がほぼ半分しかないおじさん、それに目から血を流したショートカットがよく似合う女子高生」に遭遇するなど、ホラー体験も度々あるという。

 コミカライズした同作は、夢のマイホームを手に入れた親子に次々と襲かかる怪奇現象を描いたサイコスリラー。平沢氏は実生活をリンクさせ「まさか僕の家以上に問題のある家に引っ越してしまった一家の物語とは…、正直驚きでした…」と神妙なコメントを述べている。

 同誌に掲載される内容は、映画の内容をリンクさせながら平沢自身の体験を交えた特別編として全5ページ。昨年『真夏の最恐ホラーフェスタ』と題し、ホラー映画の予告漫画を並べた企画を行ったが、単独でのコミカライズ化に挑むのは今回が初となる。

 映画『ドリームハウス』


関連写真

  • ホラー映画『ドリームハウス』を漫画「アンダーライフ」の平沢健司氏がコミカライズ
  • 【場面写真】ホラー映画『ドリームハウス』より(11月23日公開)
  • 【場面写真】ホラー映画『ドリームハウス』より(11月23日公開)
  • 【場面写真】ホラー映画『ドリームハウス』より(11月23日公開)
  • 【場面写真】ホラー映画『ドリームハウス』より(11月23日公開)
  • 【場面写真】ホラー映画『ドリームハウス』より(11月23日公開)
  • 【場面写真】ホラー映画『ドリームハウス』より(11月23日公開)
  • 【場面写真】ホラー映画『ドリームハウス』より(11月23日公開)
  • 【場面写真】ホラー映画『ドリームハウス』より(11月23日公開)
  • 【場面写真】ホラー映画『ドリームハウス』より(11月23日公開)
  • 【場面写真】ホラー映画『ドリームハウス』より(11月23日公開)
  • 【場面写真】ホラー映画『ドリームハウス』より(11月23日公開)

オリコントピックス