• ホーム
  • 芸能
  • 『ホリプロTSC』GPの優希美青、受賞2ヶ月でCM初出演

『ホリプロTSC』GPの優希美青、受賞2ヶ月でCM初出演

 女優の深田恭子(29)、綾瀬はるか(27)、石原さとみ(25)らを輩出してきた『第37回ホリプロタレントスカウトキャラバン 2012』(TSC)でグランプリを受賞した優希美青(13)が、CM初主演することが11日、わかった。受賞からわずか2ヶ月でエネルギーブランド「KYOCERA THINKING ENERGY」のイメージキャラクターに起用され、フレッシュで元気いっぱいな姿を見せている。

 新CMは、国内最大となる鹿児島市内のメガソーラー建設予定地を舞台に、東京ドーム約27個分という広大な敷地の真ん中を駆け抜ける優希の姿を、大規模な空撮映像とともに描く。颯爽と走る姿を通して、国内最大級のメガソーラーのスケール感を表現する。

 本格的な演技に初挑戦した優希は、緊張しながらも堂々たる姿を披露。さらに、監督の提案で「台詞も表情も自由にやってみて、困ったら左手をあげてください」とアドリブを要求されると、わずか15秒で「困りました〜」とギブアップ。監督から「早いな!」と突っ込まれるなど、その初々しさに撮影現場が和んでいたという。撮影を終えた優希は「こんなに走ったのは生まれて初めてかもしれません」とコメント。充実感に満ち溢れた清々しい表情をのぞかせていた。

 新CM『KYOCERA THINKING ENERGY』篇は10月13日より全国で放送開始。



関連写真

  • CM初出演を果たした『ホリプロTSC』GPの優希美青
  • 広大な敷地を全力で走る優希
  • 初々しい姿印象的!
タグ

オリコントピックス