• ホーム
  • 芸能
  • 綾野剛に115日密着 初ドキュメンタリーでみせる「危機感」

綾野剛に115日密着 初ドキュメンタリーでみせる「危機感」

 人気の俳優・ タレントに密着取材し、その人気の秘密や創作活動の舞台裏、そして知られざる素顔に迫るNHK・BSプレミアムの人物ドキュメンタリー番組『裸にしたい男』に、俳優の綾野剛が登場する。連続テレビ小説『カーネーション』でヒロインの恋人役で注目され、ドラマ・映画に幅広く活躍中の綾野にとって初の密着ドキュメント。11月27日(火)・28日(水)の2夜連続(後11:15)で放送される。

 “朝ドラ”後、映画『ヘルター・スケルター』『るろうに剣心』などの話題作が公開され、来年の大河ドラマ『八重の桜』への出演も決定するなど、今年に入って大ブレイクした綾野。8月には初の本格的な舞台でギタリスト役を演じ、舞台音楽を手がけた布袋 寅泰の世界に挑戦した。番組では、映画『TAJOMARU』やCMなどで6年以上前から綾野をよく知る映像作家・映画監督の中野裕之氏がカメラを回して、ディレクターを努めた。中野氏は115日間に及ぶ密着取材を敢行。上京直後、苦労をともにしたバンド仲間との再会の旅や、人生の先輩と仰ぐ写真家・藤原新也との対話などを通して、彼の素顔に迫る。

 27日放送の前編では、海外ファッション誌のグラビア撮影、民放ドラマへの出演、ファンとの握手会…と、多忙な仕事の合間をぬって、かつてのバンド仲間を訪ねて福島に向かう。20代、ただひたすら好きな音楽を一緒に追い求めた親友の前で、綾野は「自分の顔」を取り戻す。

 28日放送の後編では、ロック・オペラ『サイケデリック・ペイン』のけいこを中心に、ちょうど同じ時期に始まった初参加となる大河ドラマの撮影にも密着。ギタリストを演じる舞台では、いのうえひでのり氏(劇団☆新感線)の厳しい演出、演技と演奏という高い壁に、かつてないほどの「危機感」を抱いたという綾野。本番の幕が上がった時、俳優としてどのような成長を見せるのか。



関連写真

  • BSプレミアムの『裸にしたい男』に綾野剛が登場。11月27日・28日2夜連続放送 (C)NHK
  • 福島の田んぼの中、昔のバンド仲間と全力疾走する綾野剛 (C)NHK
  • 舞台の稽古でギターの練習中

オリコントピックス