• ホーム
  • 芸能
  • 「スカウトキャラバン」GP・優希美青、目指すは“平成の百恵”

「スカウトキャラバン」GP・優希美青、目指すは“平成の百恵”

 女優・深田恭子、綾瀬はるか、石原さとみらを輩出してきた『ホリプロタレントスカウトキャラバン』(以下TSC)で今年8月、2万9521人の頂点に輝いた山形県出身の優希美青(ゆうき・みお、13)。グランプリ決定からまもなく、ディズニープリンセス・グローバルテーマソングで早くも歌手デビューを果たす、まさに注目の新人女優が誕生した。山口百恵さんや初代GPの榊原郁恵と同じく「スター性がある」という画数・24画の芸名を与えられ「歌も演技もなんでもできる芸能人になりたいです!」と意気込む。“平成の百恵”を目指すと言わんばかりに“万能女優”を目標に掲げている。

【写真】その他の写真を見る


 TSC開催37回目にして初めてウォルト・ディズニー・ジャパンとタッグを組んだ夢舞台で、人生初のスポットライトを浴びた優希。「その時、記憶にないんですよね」と言うほど劇的に運命が変わった大会から約1ヶ月が経ち、友達や周囲からの祝福を受けて「少しずつ実感が湧いて来ました」と喜ぶ。

 小さい頃からドラマを観るのが好きで「芸能界に興味があった」という優希は「東北の人が元気になれば」と決意し、自ら同オーディションに応募。「自分らしく」をモットーに次々と審査を通過し、念願の芸能界入りの切符をつかみとった。

 少し恥ずかしそうに「笑顔がチャームポイント」と語る優希の魅力は、強心臓ぶりにあるのかもしれない。「もともと緊張して、人の前に立つのは嫌だったんですけど、(TSCの)合宿で、人前で演じたりすることが大丈夫になったんです。なので、決選大会も緊張しなかったです」と急成長をアピール。

 質問に対して時折考えこむ姿には、中学1年生らしい初々しさも垣間見えるが「ちゃんと演じられるかとか、不安はあります。でも楽しみなんです。演技で人に感動してもらえるようになりたい」と、最後には真剣な眼差しを向けてくれた。

 先日放送された『アッコにおまかせ!』(TBS系)でテレビ番組初登場も経験し、所属事務所の大先輩で歌手の和田アキ子との共演も実現。「すごく優しかったし、きれいでした。芸能人になったみたいって思いました」と“しっかりした”コメントで笑わせれば「おじぎは90度頭を下げて。始めと終わりの挨拶はしっかり大きな声でするんだよって言われました」と直接アドバイスを受けたことも明かした。

 来年以降、優希はドラマやCM、ミュージカル出演などが目白押し。今の心境を聞くと「プレッシャー、あります」と肩をすぼめつつも持ち前の「負けず嫌い」を武器に「なんでもやりきるように頑張ります」と内なる闘志をメラメラ。優希のシンデレラストーリーはすでに始まっている。

 優希は、ディズニープリンセス・グローバルテーマソング「鏡の中わたし〜I am a Princess〜(リミテッド・エディション)」で9月30日(日)に配信デビュー。11月14日(水)には同曲のフルバージョンを収録したアルバム『Disney Princess Best〜Special Edition〜』でCDデビューも果たす。



関連写真

  • 『ホリプロタレントスカウトキャラバン2012』でグランプリを獲得した優希美青 (C)ORICON DD inc.
  • 『ホリプロタレントスカウトキャラバン2012』でグランプリを獲得した優希美青 (C)ORICON DD inc.
  • 『ホリプロタレントスカウトキャラバン2012』でグランプリを獲得した優希美青 (C)ORICON DD inc.
  • 『ホリプロタレントスカウトキャラバン2012』でグランプリを獲得した優希美青 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス