the GazettE、世界62ヶ国・地域で新作発売

 ビジュアル系ロックバンド・the GazettEが、先月29日に発売したアルバム『DIVISION』(オリコン最高位4位)を世界62ヶ国・地域で発売することを発表した。2007年10月に行った欧州ツアー以来、丸4年間海外でライブを行っていないが、新作がAmazon UKの「ハードロック&メタル」新譜部門12位、フィンランドとフランスのiTunes Store「ロック」部門でTOP10入りを果たすなど、各国のチャートに軒並みランクインしていることから、世界展開が決まった。

【写真】その他の写真を見る


 本作は、イギリス、ドイツ、フランス、イタリアなど欧州39ヶ国、インドネシア、シンガポール、ベトナム、タイ、台湾、香港、韓国などアジア14の国と地域のほか、米国、カナダ、ブラジル、チリなど北・南米、オーストラリア、ニュージーランドなどオセアニア地域でも発売。前作『TOXIC』(昨年10月発売・同6位)の39ヶ国をはるかに上回り、文字どおり全世界規模でのリリースとなる。

 国内で発売された本作の初回生産限定盤パッケージは重さ1キロ、厚さ5センチというCDの概念を超越した特殊仕様。あえて海外の人々がイメージする「ジャパン」を表現したというアートワークは100ページにもわたり、国内外のファンの間で話題となっている。

 本作を引っさげ、10月からホールツアー『LIVE TOUR12 -DIVISION- GROAN OF DIPLOSOMIA 01』を行うことも決定。10月8日の神奈川・よこすか芸術劇場を皮切りに、11月29日の東京・NHKホールまで全24公演を実施する。

⇒⇒ the GazettEのチケット発売情報ファンクラブ情報



関連写真

  • the GazettE
  • 新作『DIVISION』初回盤
  • 通常盤
タグ

オリコントピックス