• ホーム
  • 音楽
  • SKE48、全63人63曲分のMV制作…9・19に新曲&初アルバム同時発売

SKE48、全63人63曲分のMV制作…9・19に新曲&初アルバム同時発売

 人気アイドルグループ・SKE48が、結成4周年にして初のアルバムと節目の10thシングル(ともにタイトル未定)を同時発売することが7月31日、わかった。AKBグループがシングル・アルバムを同時に発売するのは初めて。中心メンバーの松井珠理奈は「アルバムもシングルも首位を狙えるように、みんなで協力して良い作品を作りたい」と力を込めた。

【写真】その他の写真を見る


 目玉はなんといっても、1stアルバムの「CD+DVD」盤付属DVDに収録される63曲分のミュージックビデオ(MV)だ。「メンバー全員、1人1本のMVを収録することで、それぞれの顔と名前、個性をより知ってもらいたかった」(関係者)という考えから、メンバー全63人がSKE48の持ち歌の中から1曲ずつ歌唱したい楽曲を選び、前代未聞の63曲分のMVを制作。演出も63人の監督が手がけたという力の入れようだ。

 例えば“W松井”の珠理奈は、SKE初めてのオリジナル公演で歌ったユニット曲「Glory days」を、玲奈はSKE48の楽曲総選挙イベント『リクエストアワーセットリストベスト100』で2年連続1位を獲得した自身のソロ曲「枯葉のステーション」を選択。チームKIIのキャプテン・高柳明音は、昨年の『AKB48選抜総選挙』のスピーチで秋元康総合プロデューサーに向かって直談判した結果書き下ろされた、同チーム初のオリジナル公演曲の中から「お待たせSet list」を選んだ。

 CDにはデビュー曲「強き者よ」(2009年8月発売・累積売上2.7万枚)から8作目の「片思いFinally」(今年1月発売・同59.3万枚)まで、3つのレーベルをまたいだシングル表題曲8曲を収録。さらに「AKB48の有名曲を歌うことで、より一層多くの方にSKE48の1stアルバムを聴いてほしい」(関係者)という思いからAKBの楽曲をカバー(現時点で曲名非公表)。姉妹グループがAKBの楽曲を商品化するのは初となる。

 話題満載の1stアルバムに玲奈は「ファンの方々もずっと楽しみにしてくださっていたので、出せることがすごく嬉しい。新しい楽曲も収録されると思うので、その新曲を持ってライブができたらいいな」と期待を寄せ、シングル・アルバム同時発売にあらためて気合いが入ったという珠理奈は「今まで挑戦したことがないことを経験させていただく機会が増えてとても嬉しいです。自分たちがもっと成長できるように、感謝の気持ちを忘れずに頑張っていきたい」と気持ちも新たに意気込んでいる。



関連写真

  • 9月に10thシングルと初アルバムを同時発売するSKE48(左から高柳明音、松井玲奈、松井珠理奈、木崎ゆりあ、小木曽汐莉、木本花音) (C)AKS
  • 松井珠理奈 (C)AKS
  • 松井玲奈 (C)AKS
  • 高柳明音 (C)AKS

オリコントピックス