• ホーム
  • 映画
  • 『金田一少年の事件簿』 Hey!Say!山田涼介主演で7年ぶり復活

『金田一少年の事件簿』 Hey!Say!山田涼介主演で7年ぶり復活

 アイドルグループ・Hey!Say!JUMPの山田涼介(19)主演で、日本テレビ系『金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件(仮)』が今冬スペシャルドラマで復活することが23日、わかった。Kinki Kids・堂本剛、嵐・松本潤、KAT-TUN・亀梨和也が演じてきた主人公・金田一一(はじめ)役に抜てきされた山田は「名誉ある『金田一少年の事件簿』で、数々の先輩方が演じてきたこの役を演じる事ができて本当に嬉しく思います。僕にしか演じられない、今までにない金田一一を演じたいと思っています」と意気込んでいる。

 原作は1992年に『週刊少年マガジン』(講談社)で連載がスタートし、連載20周年を迎えた今も絶大な支持を誇る人気推理漫画。全体平均視聴率23.9%を記録した堂本主演の連続ドラマ第1シリーズ(1995年)をはじめ、これまでに連ドラ3本、単発ドラマ4本の計4シリーズを放送。今回は同誌で7月11日号から連載中のストーリーを元に、原作者・天樹征丸がテレビドラマ脚本を初めて執筆。幼馴染・美雪が参加する香港のファッションショーを舞台に、そこで巻き起こる連続殺人事件の謎に“四代目”金田一が挑む。

 撮影は半分以上を香港で行う予定で、現地の制作スタッフと日本人に限定しないキャスティングで壮大なスケール感を演出。天樹氏が以前から“適役”としてリクエストしていたことから実現し、過去のドラマシリーズを全て鑑賞しているという“金田一涼介”は「これから起きるすべての事件は絶対迷宮入りにはさせない。その事件をみんなは解けるかな? 謎はすべて僕が解く。じっちゃんの名にかけて!」と早くも役柄にどっぷりだ。

 番組の櫨山裕子プロデューサーは、山田の起用について「金田一少年に不可欠なやんちゃな男の子っぽさを持っている。原作に一番近いかもしれないと、私自身も思っています」と手応え。本人には中国語とアクションシーンで登場するかもしれないスケボーの練習をするように伝えてあるといい「過酷だと思うので、心が折れないように頑張って」とエールを送っている。



オリコントピックス