• ホーム
  • 芸能
  • 荒木飛呂彦氏、地元・仙台での『ジョジョ展』開催に感激「夢にも思ってなかった」

荒木飛呂彦氏、地元・仙台での『ジョジョ展』開催に感激「夢にも思ってなかった」

 仙台出身の人気漫画家・荒木飛呂彦氏(52)が5日、東京・六本木ヒルズで行われた『ジョジョの奇妙な冒険25周年 荒木飛呂彦 原画展 ジョジョ展』の記者発表会に出席した。地元でもある宮城・せんだいメディアテークで開催される『荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S市杜王町』(7月28日〜8月14日)が自身初の本格的な原画展となり、荒木氏は「子供時代を育ててもらった仙台で原画展を開くなんて夢にも思っていなかった。感激しています」と思いを語った。

【写真】その他の写真を見る


 昨年に執筆活動30周年を迎えた荒木氏は、長きに渡り描いてきた「ジョジョ」シリーズの原画展について「印刷された漫画とは違った、演劇、音楽にあるようなライブ感が封じ込めてあると確信しています」と魅力を語り、「読者の皆様や一般の方に観てもらえるのは光栄」と感謝を述べた。また、自ら描き下ろしの各原画展のキービジュアル3点を公開した。

 東京・六本木ヒルズ内森アーツセンターギャラリー(10月6日〜11月4日)にて開催される同原画展では『ジョジョ』第1部〜第8部のほかそれ以前のすべての作品を対象に、選び抜かれた原画を展示。またAR技術を使った展示「ジョジョの奇妙な杜王町 MAP」「ジョジョの奇妙なスタンド体験」など『ジョジョ』の世界観を体感できる工夫も多数盛り込まれる。

 仙台市での原画展は、シリーズ第4部と現在連載中の第8部『ジョジョリオン』の舞台・杜王町のモデルとなっていることから実現。黒を基調とした東京展と異なり、仙台展では白を基調に演出し、第4部と第8部の特別コーナーを設け、東京東日本大震災からの復興に向けて奮闘する地元を盛り上げていく。

 また、イタリア・GUCCI MUSEOで原画展『フィレンツェ展(仮)』が開催されるほか、10月よりアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 THE ANIMETION』のテレビ放送やPS3用ゲーム『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』(2013年発売予定)の製作も発表された。

⇒⇒ 『ジョジョの奇妙な冒険25周年 荒木飛呂彦 原画展 ジョジョ展』のチケット発売情報



関連写真

  • 発表会に出席した荒木飛呂彦氏(イラストは左から仙台展、東京展、フィレンツェ展のキービジュアル) (C)ORICON DD inc.
  • 】「ジョジョ」公式ファンページ企画で書き下ろした新スタンド「リモートロマンス」 (C)ORICON DD inc.
  • ARでスタンド体験する荒木氏 (C)ORICON DD inc.
  • 『ジョジョの奇妙な冒険25周年 荒木飛呂彦 原画展 ジョジョ展』の記者発表会に出席した荒木飛呂彦氏 (C)ORICON DD inc.
  • 『ジョジョの奇妙な冒険25周年 荒木飛呂彦 原画展 ジョジョ展』の記者発表会であいさつする荒木飛呂彦氏 (C)ORICON DD inc.
  • 『ジョジョの奇妙な冒険25周年 荒木飛呂彦 原画展 ジョジョ展』の記者発表会でキービジュアルをお披露目した荒木飛呂彦氏 (C)ORICON DD inc.
  • 遠隔操作型スタンド「リモートロマンス」 (C)荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展
  • 「フィレンツェ展」(仮)キービジュアル (C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
  • 「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展 in S 杜王町」キービジュアル (C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
  • 「荒木飛呂彦原画展 ジョジョ展」キービジュアル (C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
  • 『ジョジョの奇妙な冒険』25周年記念イラスト (C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
  • 『ジョジョの奇妙な冒険』連載25周年記念ロゴ
  • PS3用ゲーム『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』のゲーム画面 (C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社 (C)2012 NBGI
  • PS3用ゲーム『ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル』のゲーム画面 (C)荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社 (C)2012 NBGI

オリコントピックス