• ホーム
  • 音楽
  • 芦田愛菜の新曲はユーミン提供 「たいせつに歌っていきたい」

芦田愛菜の新曲はユーミン提供 「たいせつに歌っていきたい」

 人気子役・芦田愛菜(7)のソロ第3弾シングルのタイトルが「雨に願いを」(8月1日発売)に決まり、同曲をシンガー・ソングライターの松任谷由実が書き下ろしたことが20日、わかった。レコーディングに立ち会ったユーミンは「改めて強く感じました。“歌心”に年齢なんて関係ないと」と話し、芦田の表現力を絶賛した。

 今月中旬、都内スタジオで行われたレコーディングで愛菜ちゃんとユーミンが初めて対面した。出会った途端「松任谷由実です」「芦田愛菜です」とそれぞれあいさつ。芦田は大物ミュージシャンを前に最初こそ少し緊張していたが、持ち前の集中力ですぐに楽曲の世界に入り込むと、自宅で自主練習を積み重ねてきた成果を発揮。高音も伸びやかな声で歌いあげ、スタッフをうならせた。

 約3時間弱のレコーディングに立ち会った松任谷は「幼くても、いや幼いからこそ、メロディーや歌詞の向こうにある『キモチ』を直感的に表現できるのかな…」と感心しきり。「歌うたびに表現力を増していく愛菜ちゃんの歌を聴きながら、改めて強く感じました。“歌心”に年齢なんて関係ないと」と舌を巻いた。

 所属レコード会社によると、昨年11月に発売した芦田の1stアルバム『Happy Smile!』に収録された「愛菜ちゃんにカバーして欲しい曲」を募集した際、お母さん世代から荒井由実の「やさしさに包まれたなら」にリクエストが集中。芦田がカバーしたことがきっかけで新曲提供をオファーし、ユーミンが快諾した。

 芦田は「お歌の歌いかたとかもアドバイスしてくださったりとか、すごくやさしかったです。ユーミンさん、すてきなお歌をありがとうございます。たいせつに歌っていきたいです」とニッコリ。23日に8歳の誕生日を迎える芦田の、ソロでの代表曲となりそうだ。

 新曲「雨に願いを」は、7月からスタートする芦田と豊川悦司のW主演ドラマ『ビューティフルレイン』(毎週日曜・後9:00〜 フジテレビ系)の主題歌に決まっている。



オリコントピックス