• ホーム
  • 芸能
  • 荒木飛呂彦、井上雄彦も参戦! 1000人で描き上げるソーシャル漫画プロジェクト開始

荒木飛呂彦、井上雄彦も参戦! 1000人で描き上げるソーシャル漫画プロジェクト開始

 ヤングジャンプコミックス『キングダム』26巻の発売(18日発売)と、テレビアニメ『キングダム』の放送開始(NHK BSプレミアム/6月4日スタート)を記念し、1000人でコミックス最新巻26巻を描き上げる企画『ソーシャルキングダム』が、18日深夜0時よりスタートする。漫画家の荒木飛呂彦氏や井上雄彦氏、本宮ひろ志氏など、豪華な顔ぶれも参加する。

【写真】その他の写真を見る


 『ソーシャルキングダム』はWEB上で展開するユーザー参加型の企画。『キングダム』の最新巻26巻の全コマ(約1000コマ)から、各ユーザーが1コマを選んで模写し、それをアップロードして1000人で『キングダム』26巻を描き上げる。他のユーザーが選んだコマを別のユーザーが選択することはできず、コマを描く締め切りも設定されている。TwitterかFacebookのアカウントがあれば誰でも参加可能。

 荒木氏ら漫画家や、アニメ『キングダム』の声優陣、『キングダム』好きの各界有名人などの参加が決定しており、“最多人数で描いた漫画”としてギネス記録に申請することも決定。「うまいね」のクリック数などに応じて参加者のランキングが作成され、上位100名には1000人で描き上げた『ソーシャルキングダム』を冊子にしてプレゼントする。

 『キングダム』(作・原泰久)は『週刊ヤングジャンプ』で2006年1月より連載中の人気作。紀元前の中国、春秋戦国時代を舞台に、西方の国・秦で展開の大将軍になることを目指し、剣の修業に明け暮れる少年・信と、後の秦の始皇帝となる秦王・政の活躍を描く。



関連写真

  • 1000人でコミックス最新巻26巻を描き上げる企画『ソーシャルキングダム』を開始 (C)原泰久/集英社
  • 原泰久の『キングダム』(5月18日発売・28巻)をユーザーが1コマずつ描く (C)原泰久/集英社
  • ユーザー1000人で描き上げる『ソーシャルキングダム』 ※ビジュアルイメージは実際の『ソーシャルキングダム』とは異なります。
  • 『キングダム』26巻(5月18日発売) (C)原泰久/集英社

オリコントピックス