• ホーム
  • 音楽
  • くるり、4人体制初の新曲&『音博』出演者第1弾発表

くるり、4人体制初の新曲&『音博』出演者第1弾発表

 ロックバンド・くるりが4人体制となって初のシングル「everybody feels the same」を7月25日に発売することが16日、明らかになった。

【写真】その他の写真を見る


 さらに、今年6回目を迎える自身主催の野外フェス『京都音楽博覧会2012 IN 梅小路公園』出演者の第1弾出演者も同時に発表され、くるりのほか、細野晴臣後藤正文ASIAN KUNG-FU GENERATION)、小山田壮平(andymori)が出演。くるりの岸田繁、吉田省念もソロ名義で出演する。

 昨年5周年を迎え、今年を新たなスタートとして位置づける『音博』では、新企画「京都音博名物 ヒトリ・ジャンボリー(通称:ヒトリ・ジャンボリー)」を実施。ふだんバンドで活動するミュージシャンがふらっと公園に来て、ギター片手に演奏をするのがコンセプト。「ヒトリ」と打ち出すように単独でステージに立つが、フェスならではのサプライズにも期待できそうだ。

 『音博』のチケット一般発売は6月2日(土)スタート。昨年のフェスの模様を収録したライブDVD 『京都音楽博覧会2011 IN 梅小路公園』は16日(水)に発売された。



関連写真

  • くるり
  • 後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
  • 小山田壮平(andymori)
  • 細野晴臣
  • 昨年の音博の模様を収録したライブDVD 『京都音楽博覧会2011 IN 梅小路公園』(5月16日発売)

オリコントピックス