• ホーム
  • 音楽
  • 高橋優、神木隆之介主演作で初の映画主題歌

高橋優、神木隆之介主演作で初の映画主題歌

 シンガー・ソングライターの高橋優が、神木隆之介主演映画『桐島、部活やめるってよ』(8月11日公開、吉田大八監督)の主題歌を担当することがわかった。同映画のために新曲「陽はまた昇る」を書き下ろした。高橋が映画主題歌を手がけるのは初めて。

 原作は、大学在学中に『第22回小説すばる新人賞』を受賞した作家・朝井リョウ氏のベストセラー小説。男子バレーボール部のキャプテンだった桐島が突然部活を辞めたことをきっかけに、映画部の前田(神木)ら同級生5人の日常に生じた変化を描く。

 同映画のプロデューサー・佐藤貴博氏が「この映画の世界観には高橋優しかいない」と吉田監督に提案し、主題歌をオファー。その思いを受けた高橋は、高知で行われた撮影現場を訪問し、スタッフや若い役者陣の作品にかける思いを持ち帰って「陽はまた昇る」を書き下ろした。

 エンドロールとともに同曲を聴いたという神木は「本当にこの映画のための曲だと思いました。進む道がわからなくなっても、前を見据えて生きていかなければいけないという、誰もが感じている不安や希望が、歌詞から心に突き刺さってくるように感じました。映画を観終わった後、自分自身を見つめ直すことができる曲だと思います」と感激。

 高橋は「嘆いているようで嘆いていないという声を目指しました。“もうだめだ”と聞こえるように歌いたかった」と明かし、「でも歌っている内容はそうじゃない。どんなにあがいてみても何も変えられやしない、はじめからあきらめたほうが賢明なんじゃないかということを歌っておいて、でも、そうやって嘆きながらも足は動いてる、歩いてるんだよね」というメッセージを込めた。

 映画『桐島、部活やめるってよ』は8月11日(土)より全国ロードショー。



関連写真

  • 映画『桐島、部活やめるってよ』の主題歌を担当する高橋優(右)
  • 主演の神木隆之介 (C)2012「桐島」映画部 (C)朝井リョウ/集英社

オリコントピックス