• ホーム
  • 芸能
  • 【オリコン】『僕等がいた』最終巻、シリーズ最高週間売上で初登場首位

【オリコン】『僕等がいた』最終巻、シリーズ最高週間売上で初登場首位

 俳優・生田斗真と女優・吉高由里子のW主演映画『僕等がいた』の原作として注目を集めているコミック『僕等がいた 16』(小畑友紀/小学館)が、週間37.0万部を売り上げ、4/9付“本”ランキングコミック部門で初登場首位を獲得。13巻で記録した23.1万部を大きく超え、シリーズ最高を記録した。

 『僕等がいた』は、北海道釧路を舞台に、運命に翻弄され引き裂かれながらも永遠の恋を信じてひたむきに生きる主人公2人の6年間を描いた純愛ストーリー。今年2月に発売された月刊コミック誌『ベツコミ3月号』(小学館)に最終回が掲載され、この16巻でシリーズ完結となる。

 映画『僕等がいた』は前編が公開中。今月21日からは後編の公開が控えており、さらに話題を呼びそうだ。



オリコントピックス