• ホーム
  • 芸能
  • あっちゃん、AKB卒業へ…「私なりに頑張った6年半でした」

あっちゃん、AKB卒業へ…「私なりに頑張った6年半でした」

 人気アイドルグループ・AKB48のエース、前田敦子(20)がグループを卒業することが決定した。さいたまスーパーアリーナ3Days公演の最終日となる25日、全ての演目を終えたあとに前田が「きょうここで大きな決断をさせてください。私、前田敦子はAKB48を卒業します。私なりに頑張った6年半でした」と発表すると、AKB史上最大の衝撃発表に会場は騒然となり、メンバーは泣き崩れた。卒業時期は現時点で未定。

 悲願だった初の東京ドーム公演決定、SKE48松井珠理奈NMB48渡辺美優紀の期間限定AKB入りに続くサプライズは「AKB48の顔」あっちゃんの卒業だった。コンサートではすっかり恒例となったサプライズの中でも最大級の発表に2万5000人の観客は絶叫。グループ発足以来、ともに歩んできた高橋みなみは号泣しながらも「彼女なりに考えたこと。AKBにいることがゴール地点ではありません。たくさんのものを背負ってきた敦子を見送って」と盟友の背中を押した。

 前田は2005年12月に東京・秋葉原のAKB48劇場で初公演以来、不動のセンターとしてAKBの顔に。昨年6月には映画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』に初主演するとともにソロデビューを果たし、歌手としても女優としても活躍している。

 過去3度行われた「選抜総選挙」は、第1回(2009年)1位、第2回(10年)2位、第3回(11年)1位と首位を奪還。AKB48メンバーで選挙TOP10入り経験者の卒業は初めてとなる。

⇒【フォトギャラリー】笑いあり、涙あり… 2万5000人のファンが熱狂したコンサートの模様

オリコントピックス