• ホーム
  • 音楽
  • AKB48、過去最多36人で新曲初披露 HKT兒玉ら15人が初選抜

AKB48、過去最多36人で新曲初披露 HKT兒玉ら15人が初選抜

 人気アイドルグループ・AKB48が24日、5月23日発売の新曲「真夏のSounds good !」を初披露した。さいたまスーパーアリーナ公演2日目のアンコールで、過去最多36人の選抜メンバーが総登場。壮観な光景に2万5000人のファンが熱狂した。

【写真】その他の写真を見る


 アンコール1曲目を歌い終えると会場が暗転。26thシングル発売を告知する映像とともに、選抜メンバー一人ひとりがスクリーンで発表された。常連メンバーにまじって初選抜メンバーが映し出されるたびに会場は騒然。昨年6月に発足したTeam4から5人、研究生から4人が抜てきされたほか、昨年10月に誕生した福岡・博多を拠点とするHKT48から兒玉遥(15)が初選抜された。

 これまで最多だった「Everyday、カチューシャ」(昨年5月発売)の26人を上回り、過去最大の大所帯となった36人が新曲を初披露。センターには前田敦子(20)が立ったが、2コーラス目には初選抜組が前列に並び、そのセンターには26日に18歳の誕生日を迎える渡辺麻友(17)が立った。主力メンバーの大半が20代となったAKB48の10代メンバーの台頭を、ファンに強く印象づける一幕となった。

 目下、女性アーティスト歴代1位のシングル6作連続でミリオンセラーを記録中のAKB48。自身の記録更新なるか、大きな注目が集まりそうだ。

 なお、ダブルアンコールの最後には、欠員が生じていたAKB48のチームK、チームBの新加入メンバーをサプライズ発表。チームKにはSKE48のエース・松井珠理奈(15)、チームBにはNMB48の渡辺美優紀(18)が本日付で期限付き加入。さらに、研究生の加藤玲奈(14)、川栄李奈(17)、岩田華怜(13)、田野優花(15)、高橋朱里(14)の5人がチーム4に昇格した。松井と渡辺はそれぞれのグループと並行して活動する。

■「真夏のSounds good !」選抜メンバー
Team A:倉持明日香、小嶋陽菜指原莉乃篠田麻里子、高城亜樹、高橋みなみ、前田敦子
Team K:板野友美大島優子、峯岸みなみ、宮澤佐江、横山由依
Team B:河西智美、柏木由紀、北原里英、渡辺麻友
Team 4:阿部マリア(初)、市川美織(初)、入山杏奈(初)、島崎遥香(初)、島田晴香(初)、竹内美宥(初)、山内鈴蘭
研究生:岩田華怜、加藤玲奈、川栄李奈、高橋朱里(全員初選抜)
SKE48 Team S:木崎ゆりあ(初)、松井珠理奈、松井玲奈
SKE48 Team KII:高柳明音(初)
SKE48 Team E:木本花音(初)
NMB48 Team N:山本彩、渡辺美優紀
NMB48 Team M:城恵理子(初)
HKT48 Team H:兒玉遥(初)
※所属チームは移籍発表以前のもの

⇒【フォトギャラリー】笑いあり、涙あり… 2万5000人のファンが熱狂したコンサートの模様

関連写真

  • AKB過去最多の36人で新曲「真夏のSounds good !」を初披露 (C)ORICON DD inc.
  • 2コーラス目でセンターに立った渡辺麻友 (C)ORICON DD inc.
  • 新曲初披露の模様 (C)ORICON DD inc.
  • 新曲初披露の模様 (C)ORICON DD inc.
  • 新曲初披露の模様 (C)ORICON DD inc.
  • 新曲初披露の模様 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス