• ホーム
  • 芸能
  • プリンセス プリンセスが16年ぶり復活ライブ 米米&TMと夢の競演に2万人

プリンセス プリンセスが16年ぶり復活ライブ 米米&TMと夢の競演に2万人

 1980年代後半から90年代前半にかけて大ヒットを連発した女性5人組バンド・プリンセス プリンセスが20日、16年ぶりの復活ライブを行った。この日、千葉・幕張メッセで開催された東日本大震災復興チャリティーイベント『ALL THAT LOVE-give&give-』に出演し、同時期に一世を風靡した米米CLUBTM NETWORKと競演。3大バンドの夢の顔合わせに、2万人のファンが酔いしれた。

 96年5月31日に東京・日本武道館で行った解散ライブ以来、16年ぶりに岸谷香(Vo)、中山加奈子(G)、今野登茂子(Key)、渡辺敦子(B)、富田京子(Dr)の5人が同じステージに立った。再結成が待ち望まれていた人気バンドの復活に、会場のボルテージも最高潮。「世界でいちばん熱い夏」(89年7月発売)を皮切りに、16年の空白を感じさせない圧巻のパフォーマンスで懐かしのヒット曲7曲を披露し、2万人を興奮させた。

 トップバッターで登場した米米CLUBは、カールスモーキー石井(Vo)の軽妙なトークであっさりと観客を自分たちのペースに巻き込み、「君がいるだけで」(92年5月発売)、「浪漫飛行」(90年4月発売)などミリオンセラーのオンパレード。トリを飾ったTM NETWORKは、3人組バンドFENCE OF DEFENSEのサポートを得て、重厚なデジタルサウンドを展開。アンコールでボーカルの宇都宮隆が呼びかけた「みんなの元気な顔が見られて良かった」という言葉が、全出演者の気持ちを代弁していた。

 本公演の売上金の一部は、東日本大震災の被災地復興支援のために義援金として寄付される。ライブの模様は、4月15日にWOWOWで放送予定。



関連写真

  • 16年ぶりに復活したプリンセス プリンセス(左から:渡辺敦子、富田京子、岸谷香、今野登茂子、中山加奈子)
  • トップバッターで盛り上げた米米CLUB
  • トリを飾ったTM NETWORK

オリコントピックス