• ホーム
  • 芸能
  • 2012年“桜ソング”ランキング発表 AKB48がTOP10入り2曲で存在感

2012年“桜ソング”ランキング発表 AKB48がTOP10入り2曲で存在感

■ランキング表はこちら

 ORICON STYLEは25日、10代から20代の男女を対象に調査した『2012年 桜ソングランキング』の結果を発表した。昨年から順位の入れ替わりはあったものの、TOP3は森山直太朗【さくら(独唱)】(1位)、ケツメイシ【さくら】(2位)、コブクロ【桜】(3位)が2007年の調査以来6年連続で独占。桜ソングの“御三家”として不動の地位を確立している。そのほか、同ランキング常連のタイトルが並ぶなか、昨年初のランクインを果たしたAKB48【桜の木になろう】(7位)、【桜の花びらたち】(8位)の2曲が今年も揃ってTOP10入り。桜ソングの新定番として存在感を示した。

 AKB48は2008年以降、年に一度桜ソングを発表することが恒例となっており、そのラインアップは、今回ランクインした2曲のほかに「10年桜」(09年)、「桜の栞」(10年)、そして今年2月に発売された「GIVE ME FIVE!」と全5曲。しっとりとしたバラードの【桜の木になろう】、ミディアムナンバーの【桜の花びらたち】は、ともに旅立ちの季節にリンクする歌詞が印象的で、「聴く度に泣きそうになるけど、前向きな気持ちにもなる」(神奈川県/10代/女性/「桜の木〜」)、「卒業とも重なってこの時期に合っている」(鹿児島県/20代/男性/「桜の花〜」)と支持されている。

 一方、1位の森山直太朗【さくら(独唱)】は、背中を押してくれる歌詞と力強い歌声が勇気を与えてくれる1曲。「卒業式で仲間と歌ったことが忘れられない」(宮城県/10代/女性)とのコメントが多く、心にしみる“卒業ソング”としても人気を集めている。2位のケツメイシ【さくら】は、春のうららかな陽気を思い起こさせるメロディが心地良く「春になると、ついつい口ずさみたくなります」(愛知県/20代/女性)。3位のコブクロ【桜】は、「歌詞と曲、さらに2人の歌声もよくて完璧ですね」(山口県/10代/男性)と2人の温かみのあるハーモニーに春を実感するという人が多かった。

 そのほか、「桜の花を見た時のような、ほっこりとした気持ちになる」(東京都/20代/女性)と支持された、いきものがかりのデビュー曲【SAKURA】(4位)や、受験シーズンにこの曲に助けられたという人が多かったのポップチューン【サクラ咲ケ】(5位)。セクシーな歌声と穏やかなメロディから、「咲き誇る桜が情景として浮かんでくる感じでとても気に入っている」(埼玉県/20代/男性)と福山雅治の【桜坂】(6位)がランクインするなど、春らしさを感じさせる名曲がズラリと並んでいる。

 今月21日には高知県の桜(ソメイヨシノ)が全国でいち早く開花し、いよいよ春の訪れも目前だ。この季節に思わず口ずさんでしまう桜ソング。あなたはどのナンバーがお気に入りですか?

【調査概要】
調査時期:2012年3月8日(木)〜3月13日(火)
調査対象:合計500名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の10代、20代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査


■過去の桜ソング特集
2011年2010年2009年2008年2007年

2012年『卒業ソングランキング』TOP10



順位曲名/アーティスト名活動
経歴
シングル
売上
さくら(独唱)」/森山直太朗
さくら」/ケツメイシ
」/コブクロ
SAKURA」/いきものがかり
サクラ咲ケ」/
桜坂」/福山雅治
桜の木になろう」/AKB48
桜の花びらたち」/AKB48
桜の時」/aiko
Sakura」/レミオロメン

■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。




オリコントピックス