• ホーム
  • 芸能
  • “語り継ぎたい”日本アカデミー賞 最優秀作品、1位は『千と千尋の神隠し』

“語り継ぎたい”日本アカデミー賞 最優秀作品、1位は『千と千尋の神隠し』


歴代の『日本アカデミー賞』最優秀作品賞のなかで、最も“語り継ぎたい”と思う作品 TOP3

■ランキング表はこちら

 『第35回 日本アカデミー賞』の授賞式が今月2日に行われる。どの作品がその歴史に名を刻むのか今年も注目が集まるが、これにあわせてORICON STYLEでは、過去に「最優秀作品賞」を受賞した全34作品のなかで“語り継ぎたい”と思う作品について、10代〜40代の男女を対象としたアンケート調査を実施。これをランキング化した結果、国内外から高い評価を得た宮崎駿監督のアニメーション映画【千と千尋の神隠し】(2002年/第25回)が男女・世代を問わず圧倒的な支持を得て1位に選ばれた。

 興行収入304億円、動員数2350万人という驚異的な大ヒットを記録し、日本における歴代No.1の興行成績を誇る【千と千尋の神隠し】。海外からの評価も高く『第52回 ベルリン国際映画祭』でアニメ作品史上初の快挙となる金熊賞を受賞したほか、オスカーも獲得している。不思議な世界に入り込んでしまった主人公・千尋が繰り広げる冒険物語は、「観るたびにいろんなことを感じさせてくれる」(愛知県/40代/女性)、「子どもだけでなく大人が観ても良いので」(愛知県/40代/女性)と、老若男女が楽しめる作品として愛され続けている。

 次いで2位にも、スタジオジブリ作品から【もののけ姫】(1998年/第21回)がランクイン。「生きろ。」というキャッチコピー通り、壮大なテーマを投げかける同作は「正直、観ていて苦しいところもあるけど大好き」(北海道/10代/男性)と幅広い層から人気だった。ストーリーの素晴らしさはもちろんだが「映像や音楽も良いので事細かく観ると面白い」(愛知県/30代/男性)というように、さまざまな角度から楽しむことができる同作品を、数あるジブリ作品のなかでも“マイベスト”に挙げる人が多かった。

 3位は、昭和30年代の東京・下町に暮らす人々の姿をいきいきと映し出した大人気シリーズの1作目【ALWAYS 三丁目の夕日】(2006年/第29回)。家族や人と人との絆を丁寧に描いたこの物語は、「笑いあり涙ありで観終わる頃には心がほっこりしてくる」(大阪府/10代/女性)と観た人に心地よさを与えているようだ。CG等で忠実に再現した古き良き日本の風景も見どころで、「当時の空気感を感じられる映像が素晴らしい。次世代に伝えたい名作ですね」(広島県/30代/男性)と多くのリピーターを獲得している。

 続く4位は、国内外の映画賞で数多くの栄冠を手にした【おくりびと】(2009年/第32回)、5位には娘を殺された女教師の衝撃の復讐劇を描いた【告白】(2011年/第34回)がランクイン。近年の作品のほか、『第1回 日本アカデミー賞』受賞作の【幸福の黄色いハンカチ】(1978年/第1回)が8位、山崎努宮本信子が名コンビを発揮した【マルサの女】(1988年/第11回)が9位、劇作家・つかこうへい原作の傑作コメディ【蒲田行進曲】(1983年/第6回)が10位に挙がるなど、往年の名作もしっかり上位に名を連ねている。

 今回の調査では、日本が世界に誇るスタジオジブリアニメーションが次の世代へと語り継いでいきたい映画としてTOP2を飾ったが、上位に並んだタイトルはどれをとってみても色褪せない珠玉の名作ばかり。これらをまだ観たことがないという人はもちろん、過去に観たことがあるという人も、改めて『日本アカデミー賞』の頂点を極めた歴代の名画の数々を堪能してみてはいかがだろうか?

【調査概要】
調査時期:2012年1月25日(水)〜1月30日(月)
調査対象:合計1,000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代〜40代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査

今年の『第35回 日本アカデミー賞』主な優秀賞&新人俳優賞 一覧

◆過去の『日本アカデミー賞』授賞式の模様
第34回(2011年) 最優秀作品賞新人賞優秀賞一覧
第33回(2010年) 最優秀作品賞新人賞優秀賞一覧
第32回(2009年) 最優秀作品賞新人賞
第31回(2008年) 最優秀作品賞新人賞優秀賞一覧
第30回(2007年) 最優秀作品賞優秀賞一覧



順位作品タイトル(受賞年)監督主な出演者
「千と千尋の神隠し」
(2002年/第25回 受賞)
宮崎駿※アニメーション作品
「もののけ姫」
(1998年/第21回 受賞)
宮崎駿※アニメーション作品
「ALWAYS 三丁目の夕日」
(2006年/第29回 受賞)
山崎貴吉岡秀隆堤真一
薬師丸ひろ子
「おくりびと」
(2009年/第32回 受賞)
滝田洋二郎本木雅弘広末涼子
山崎努
「告白」
(2011年/第34回 受賞)
中島哲也松たか子岡田将生
木村佳乃
「フラガール」
(2007年/第30回 受賞)
李相日松雪泰子蒼井優
山崎静代
「Shall we ダンス?」
(1997年/第20回 受賞)
周防正行役所広司草刈民代
「幸福の黄色いハンカチ」
(1978年/第1回 受賞)
山田洋次高倉健倍賞千恵子
武田鉄矢桃井かおり
「マルサの女」
(1988年/第11回 受賞)
伊丹十三宮本信子山崎努
「蒲田行進曲」
(1983年/第6回 受賞)
深作欣二松坂慶子風間杜夫
平田満

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部(ランキング販売について)までお願いいたします。




オリコントピックス