• ホーム
  • 映画
  • 岡崎京子『ヘルタースケルター』を沢尻エリカ主演で映画化

岡崎京子『ヘルタースケルター』を沢尻エリカ主演で映画化

 第8回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した岡崎京子の漫画『ヘルタースケルター』が、沢尻エリカ主演で映画化されることが11日、わかった。同作は、「美」「名声」「金」「愛」の欲が入り乱れる芸能界を舞台に不器用な主人公の生き様と人間の性を描く衝撃作。実現までに約7年の歳月を要してもなお、「絶対に映画化したい」との思いを叶えた蜷川実花の監督第二作となる。

 蜷川監督は「(初監督作品)『さくらん』より前から、この『ヘルタースケルター』を映画化したいと思っていました。こんなに自分の人生で何かを待ったことはなく、今これからクランクイン出来る事にとても興奮しています」とコメント。そのうえで「東京という街に消費されていく、人々の欲望処理装置としてのりりこ。女性の持つ驚く程のか弱さと、図々しいほどのたくましさを持つこの主人公を演じられるのは、歓声と罵声をあび続けた沢尻エリカ以外、今のこの東京では考えられません」と、沢尻の起用を熱望したことを明かした。

 一方の沢尻も「この作品に衝撃をうけて、とにかく面白い、りりこをやってみたいと長い間願ってきました。りりこは、『この作品はきっと私に合う』と周囲が言うほど演りがいがある役なので、実花ワールドにどう染めてもらえるか、今から楽しみです」と意気込みを語り、「豪華なキャストの方との共演、そして本当に一流のスタッフが集結する作品なので、現場でクリエイトしながら、ぶつかっていきたいなと思っています。気合は十分です。沢尻、女優として、ひと肌脱ぎます」と久しぶりの映画出演に喜びをにじませた。

 美・名声・金・愛の欲にまみれた芸能界で光り輝くトップスターへ上りつめたりりこ。彼女には、誰にも言えない【究極の秘密】があった。全身整形でつくりものの美をまとったりりこは、突き刺さる羨望に灼かれながら、欲望渦巻く世界をめちゃくちゃに疾走していく。

 ある事件を追う中でりりこに興味を持ち彼女の隠された正体に近づいていく検事・麻田を実力派俳優・大森南朋、りりこのマネージャーとして事件に巻き込まれていく女性を寺島しのぶが演じるほか、水原希子鈴木杏寺島進哀川翔窪塚洋介原田美枝子桃井かおりなど、豪華キャストが脇を固める。

 映画『ヘルタースケルター』は、1月中旬にクランクインし、2月末にクランクアップを予定。今年7月14日(土)より丸の内ピカデリーほか全国ロードショーされる。



オリコントピックス