• ホーム
  • 映画
  • みんなミタ! 日テレ“ミタ効果”で8年ぶり視聴率3冠王

みんなミタ! 日テレ“ミタ効果”で8年ぶり視聴率3冠王

 日本テレビが、ゴールデン帯、プライム帯、全日帯の世帯視聴率で首位となり、2011年年間視聴率三冠王を達成したことが2日、わかった。7年連続で3冠を独占してきたフジテレビからの奪還。年間平均視聴率は、全日(前6:00〜後12:00)が8.0%、ゴールデンタイム(後7:00〜10:00)が12.6%、プライム(後7:00〜11:00)が12.6%だった(関東地区・ビデオリサーチ調べ)。

 年末に松嶋菜々子主演のドラマ『家政婦のミタ』が大ヒットする追い風もあったが、ドラマのみならずバラエティ・情報・報道・スポーツ各分野全般で支持を得た。大みそかに放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しSP!! 絶対に笑ってはいけない空港(エアポート)』も、第1部(後6:30〜9:00)18.7%、第2部(後9:00〜深0:30)16.6%とシリーズ史上最高の高視聴率を記録し、民放横並びトップを獲得してラストスパートをかけた。

 同局の大久保好男社長は「年間視聴率三冠王をとることが出来たことは、ひとえに視聴者の皆様と番組制作に協力いただいた関係各社のおかげと心から感謝いたします。テレビの使命と責任、そして可能性に限りはありません。今後とも日本テレビはグループをあげて『ココロかよう』番組作りに努めて参ります」とコメントを発表している。



タグ

オリコントピックス