• ホーム
  • 映画
  • 妖怪から平安京へ! 女優・杏、今年の抱負は「振り幅を広げる一年に」

妖怪から平安京へ! 女優・杏、今年の抱負は「振り幅を広げる一年に」

 ドラマ『妖怪人間ベム』(日本テレビ系)で孤高の妖怪・ベラを見事に演じきり、2011年のドラマ界の話題をさらった女優・(25)。先日はバラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』の新・ゴチメンバーの座を獲得するなど、今年もさらに注目を集めることは間違いない。さらなる活躍に期待が高まるなか、ORICON STYLEの単独インタビューに応じた杏は、モデルから女優へと踏み出した当時の葛藤や、「振り幅を広げる一年にしたい」と語り女優業への思いを明かした。

【写真】その他の写真を見る


 2007年にドラマ『天国と地獄』で女優デビュー。その後『泣かないと決めた日』(10年)、『ジョーカー 〜許されざる捜査官』(10年)など話題作に相次いで出演し、昨年の4月クール『名前をなくした女神』では連ドラ初主演と、女優として順風満帆にみえる杏だが、スタート当時は「果たしてモデルが女優をやっていいのか? おこがましいんじゃないかという思いもあったんです」と、戸惑っていた胸の内を明かす。「でも、オファーして下さる方々にまずはぶつかってみて、その声に応えたかった」と振り返る。

 昨年は『妖怪人間ベム』という自身にとって未経験のジャンルで、異色のキャラクター・ベラを力強く魅力的に演じたが、国民的アニメの実写化は放送前から賛否両論。そのプレッシャーをはねのけ、周囲からは「杏の当たり役」とまでいわしめた。デビュー作から5年が経ち「女優業は“正解が無いゆえの大変さと楽しさ”があります。あと、モデル時代では知らなかった自分の表情や、葛藤、気持ちの在り方にも気づくことができました」と、新しい場所で受ける刺激を全身で吸収しているようだ。

 役を重ねるごとにセリフが増え、必然的に注目度も増していくが「昨年の現場では、未経験の領域に関する知識を求められることも多くありました。母親、お受験、妊婦とか…あとは妖怪なんて誰も知らない領域ですしね(笑)。お芝居としてどこまでリアルにできるんだろう? という大きなハードルが1作品ごとにあった気がしています」と充実感をにじませる。

 勝負となる今年は、大河ドラマ『平清盛』で北条政子役、春にはヒロインを務める映画『おかえり、はやぶさ』(3月10日公開)の公開も控え、自らのオリジナル楽曲で本格的に歌手活動もスタートさせる。「今年は“平安時代からJポップまで”じゃないですけど(笑)、かなり振り幅が広がる1年にしたいと思っています」と目を輝かせる。

 杏は「モデル、女優、歌手って違うジャンルのようでも、こっちが伸びたらあっちも伸びる、という相乗効果がきっとあると思うんです」と語り、今後はアニメの声優や本の執筆にも挑戦したいと意欲的な姿勢を示す。「今年は“広く浅く”でスタートしてきたものを、“広く深く”にしていきたいです。難しいですけど、ほんの1歩ずつでも」。



関連写真

  • 2011年を振り返り、さらなる飛躍を語る杏 (C)ORICON DD.inc
  • 今年は映画「おかえり、はやぶさ」(3月10日公開)でヒロインを演じる杏 (C)ORICON DD.inc
  • 2011年を振り返り、さらなる飛躍を語る杏 (C)ORICON DD.inc
  • 2011年を振り返り、さらなる飛躍を語る杏 (C)ORICON DD.inc
タグ

オリコントピックス