• ホーム
  • 芸能
  • 第146回『芥川賞・直木賞』候補11作決まる

第146回『芥川賞・直木賞』候補11作決まる

 日本文学振興会は6日、第146回芥川賞・直木賞(平成23年度下半期)の候補作を発表した。芥川龍之介賞候補には、5度目のノミネートを果たした田中慎弥氏の『共喰い』など全5作。直木三十五賞候補には、葉室麟氏の時代小説『蜩ノ記』、すでに数々の文学賞を受賞している恩田陸氏のミステリー『夢違』、また真山仁氏が地震と原発事故を背景に“原子力政権”を描いた社会派『コラプティオ』 と幅広いジャンルから全6作を選出。受賞作を決める選考会は17日、今回も東京・築地「新喜楽」にて行われる。

【写真】その他の写真を見る


 芥川賞候補となった田中氏は、すでに『川端康成文学賞』、『三島由紀夫賞』などを受賞してきた実力派。ノミネート作は性と暴力、土着文化のひずみを綴っている。また初ノミネートとなった吉井磨弥氏の『七月のばか』は、実家の風俗店を手伝う主人公が面接にくる様々な女性達を品定めし、その目を通じて乾いた日常を切り取っており、いずれの作品も閉そく感が漂う。このほか『きなりの雲』の石田千氏と『道化師の蝶』の円城塔氏は前回から引き続きノミネート。『まちなか』の広小路尚祈氏は143回目以来の2度目のノミネートとなった。

 直木賞候補には、『夜のピクニック』で『第2回 本屋大賞』と『吉川英治文学賞新人賞』をW受賞して以降、SF、ファンタジーなど着実にキャリアを重ねてきた恩田氏が、ミステリー作品で4度目のノミネート。同じく『第4回 本格ミステリ大賞』などを受賞している歌野晶午氏もミステリー『春から夏、やがて冬』で候補に選ばれた。

 また5度目のノミネートとなる葉室氏と同じ時代小説のジャンルからは伊東潤氏の『城を噛ませた男』、このほか女性の生き方を描いた桜木紫乃氏の『ラブレス』、元・新聞記者としてのキャリアを持ち実写ドラマ『ハゲタカ』(NHK総合)の原作者としても知られる真山氏の渾身の社会派作品が並ぶ。

 芥川賞・直木賞は昭和10年に制定。芥川賞は新聞・雑誌に発表された純文学短編作品、直木賞は新聞・雑誌、単行本で発表された短編および長編の大衆文芸作品を対象に優秀作を選定する。選考委員には芥川賞には宮本輝氏、村上龍氏ら10名。今回で25年間審査員を務めてきた黒川千次氏は引退となる。直木賞は浅田次郎氏や伊集院静氏ら9名で選定を行う。

>>『芥川賞・直木賞の候補者』写真一覧



関連写真

  • <芥川賞候補>田中慎弥
  • <直木賞候補>恩田陸
  • <芥川賞候補>石田千
  • <芥川賞候補>円城塔(C)講談社
  • <芥川賞候補>広小路尚祈
  • <直木賞候補>伊東潤
  • <直木賞候補>歌野晶午 (C)文藝春秋)
  • <直木賞候補>桜木紫乃
  • <直木賞候補>葉室麟
  • <直木賞候補>真山仁

オリコントピックス