• ホーム
  • 芸能
  • 日本のコンビニ初の中国・東北地方出店 ローソン、23日オープン

日本のコンビニ初の中国・東北地方出店 ローソン、23日オープン

 9月15日に中国・遼寧省大連市に地元企業との合弁会社『大連羅森便利店(大連ローソン)』を設立したローソンは17日、今月23日に同市第1号店「LAWSONソフトウェアパーク店」をオープンさせると発表した。中国の東北地方で日本のコンビニエンスストアが出店するのは初めて。

 ローソンの中国出店は1996年7月の上海、昨年7月の重慶に続き大連が3エリア目。大連1号店は同市が開発を進める高新園区内のソフトウェアパークに開店し、今後、市内主要地区を中心に2012年内に30店舗、5年間で150〜200店舗を出店する予定。10月末現在で上海市内に305店舗、重慶市内に27店舗を運営している。



オリコントピックス