• ホーム
  • 音楽
  • AKB次作は篠田麻里子の“初冠”シングル じゃんけん選抜曲名は「上からマリコ」

AKB次作は篠田麻里子の“初冠”シングル じゃんけん選抜曲名は「上からマリコ」

 人気アイドルグループ・AKB48が29日、東京・味の素スタジアムで行った握手会イベントで、12月7日発売の新曲タイトルが「上からマリコ」に決定したと発表した。9月に行われた「第2回じゃんけん大会」で勝ち抜いた上位16名が歌う通算24枚目のシングルに、デビュー6年目で初センターを務める篠田麻里子(25)の名を冠した。メンバーの名前がタイトルになるのは、AKB48のシングルとしては初めて。

 最新シングル「風は吹いている」(26日発売)が初日だけで104.6万枚を売り上げ、2作連続で“初日ミリオン”の快挙を達成したAKB48が、メンバーにもサプライズで早くも次作の「じゃんけん選抜」シングル名を発表した。

 この日集まった1万5000人のファンだけにミュージックビデオも初公開。篠田は「最初、タイトルを見たときはびっくりしました。ちょっと笑っちゃいました」と照れながらも「じゃんけんのシーンやいろいろな振りがあったりします。これからいろんな形でお披露目していければと思いますので、ぜひ楽しみにしていてください」と笑顔で話した。

 「上からマリコ」は、「第2回じゃんけん大会」で勝ち抜いた篠田をはじめ、藤江れいな、峯岸みなみ、小林茉里奈、秋元才加、大家志津香、前田亜美、佐藤すみれ、小嶋陽菜、梅田彩佳、河西智美、山内鈴蘭、北原里英、桑原みずき(SKE48)、山口夕輝(NMB48)、肥川彩愛(NMB48研究生)の16名の選抜メンバーが歌唱する。

 なお、本来じゃんけん選抜のシングル曲候補として予定されていた織田哲郎作曲の「走れ!ペンギン」は、篠田が優勝したことにより「イメージが違う」との判断で、急きょ「上からマリコ」に変更した裏話も明かされた。「走れ!ペンギン」はAKB48のチーム4が歌唱し、同シングルの劇場盤のみに収録する。



オリコントピックス