• ホーム
  • 映画
  • AKB48初のTVアニメ化決定 “声優選抜”9人が主題歌も担当

AKB48初のTVアニメ化決定 “声優選抜”9人が主題歌も担当

 人気アイドルグループ・AKB48が初めてTVアニメ化されることが17日、わかった。来春放送開始予定の同アニメには、主人公のアイドル候補生9人が目指す“伝説のアイドル”として、前田敦子(20)、大島優子(23)ら総選挙TOP8をモチーフにしたキャラクターが登場。主人公9人の声優は、AKBグループ総勢200人全員参加のオーディションを実施して選抜する。現時点でタイトル、放送局は非公表。

 同アニメは『マクロス』シリーズのメカデザインなどで全世界のアニメファンに支持される河森正治氏(原案・総監督)ら豪華スタッフが手がけるオリジナル作品。「アニメ」と「歌」「アイドル」の化学反応で数々のヒット作を生み出してきた同氏は「日本が誇る伝統的なアニメーションに、最新のCG技術、アイドルたちの“プロ魂”を融合させて、笑いあり涙あり歌ありダンスありの感動的な作品をお届けし、世界中を元気にしたい」と意気込み、「AKB48のメンバーとストーリーがどのように絡んでいくのかご期待ください」と話す。

 主人公9人の声優は、AKB48、SKE48NMB48に所属する総勢200人参加の1次オーディションを行い、30人を選出(11月中に特設サイトで発表)。最終選考は都内で公開オーディションを開催予定で、「将来的に声優の仕事にも挑戦したい」という意気込みがあり、パフォーマンスにも優れた9人を決定する。

 “声優選抜”9人は、同アニメの主題歌も担当。選抜回数や知名度に関係なく平等にチャンスが与えられることから、AKBグループ内で“ガチ”バトルが繰り広げられそうだ。なお、同作の原案を元にしたコミック化(講談社)も検討されている。

【メインスタッフ】
■企画・監修:秋元康
AKB48総合プロデューサー
■原案・総監督:河森正治
映画『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』(原作・監督・ストーリー構成・メカデザイン)
『劇場版マクロスF 恋離飛翼 〜サヨナラノツバサ〜』(原作、総監督、脚本、メカデザイン)
『劇場版アクエリオン』(原作・監督・脚本・メカデザイン)
■シリーズ構成・脚本:岡田麿里
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』『花咲くいろは』『とらドラ!』
■キャラクターデザイン:江端里沙
『マクロスF』
■監督:平池芳正
『WORKING!!』『アマガミSS』『スケッチブック〜full color’s〜』
■エグゼクティブプロデューサー:大月俊倫
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(プロデューサー)
■アニメーション制作:株式会社サテライト
『マクロスF』(TVシリーズ・劇場版) 『創聖のアクエリオン』(TVシリーズ・劇場版) 『しゅごキャラ!』(TVシリーズ)

AKB48も出演!『美空ひばり メモリアルコンサート』チケット発売情報



関連写真

  • AKBがTVアニメになる!「選抜総選挙」上位8人をモチーフにしたキャラクターイメージ
  • 主人公「アイドル候補生9人」のキャラクターラフデザイン

オリコントピックス