• ホーム
  • 芸能
  • 秋ドラマ期待度、1位は櫻井&北川の『謎解き〜』〜“月9”、“キムタク作”もTOP3へ

秋ドラマ期待度、1位は櫻井&北川の『謎解き〜』〜“月9”、“キムタク作”もTOP3へ



 10月に入り、いよいよ各局の秋の新ドラマが続々とスタートを迎えるなか、ORICON STYLEでは全国の10代〜40代・男女1000人を対象に『この秋放送の期待している新ドラマ』についてアンケートを実施。刑事ドラマの人気シリーズあり、昭和アニメの実写化ありと強豪ひしめく10月クールで見事期待度1位に躍り出たのは、嵐・櫻井翔が毒舌執事として難事件を解決する【謎解きはディナーのあとで】だった。次いで2位には香里奈吉高由里子大島優子(AKB48)が揃って“月9”を飾る【私が恋愛できない理由】(いずれもフジテレビ系)、3位にはSMAP・木村拓哉主演の【南極大陸】(TBS系)が続いた。

 世代・男女別のすべてのカテゴリーで1位を独走した『謎解き〜』は、原作小説が今春に『2011年 本屋大賞』を受賞し、すでに実売100万部を超える人気作。男性陣は「原作を読んでいるので期待が高まります」(埼玉県/20代/男性)と、ミステリー好きの原作ファンからの期待が多数。さらに報道番組でニュースキャスターを務め、バラエティでも誠実な人柄をのぞかせる櫻井が、どのように主人公の毒舌執事を演じるのかも期待度の高さと直結。「櫻井翔のドSなところが見てみたい」(北海道/10代/女性)と、毒気たっぷりの執事・影山と北川景子が演じるお嬢様刑事との新コンビが圧倒的な支持を得た。

 2位には“和製セックス・アンド・ザ・シティ”として現代女性の抱える仕事や恋愛の悩み、そしてライフスタイルを赤裸々に展開する『私が恋愛できない理由』が続く。「共感できるドラマだと思ったから。最終回に期待!」(愛知県/20代/女性)と、10代・20代の層から等身大の内容に期待の声。また「自分と当てはめてみたいから」(滋賀県/20代/男性)と、女性達が繰り広げる物語を参考に、現実の自分の立ち位置を確認しようとする男性の意見もあり、男女の恋愛と心の機微を描き続ける“月9”ブランドの強さを見せつけた。

 そして3位には昭和30年代の日本を舞台に、南極観測に挑む男たちと樺太犬の熱い絆を描いた、木村拓哉の『南極大陸』がランクイン。同作は「キャストとテーマ、撮影規模の大きさ。どうみても抜きん出て魅力的だ」(愛知県/30/男性)や「壮大なテーマを描くので、映画を観るような期待感がある」(東京都/40代/男性)と、男性からの得票率が高い。山本裕典や香川照之ら豪華キャスト陣が半年にわたる撮影期間を経て完成させ、男たちのプライドをかけた挑戦を真摯に見せていく同作で、“高視聴率男”として知られる木村が面目躍如なるか? 注目が高まるのは必然といえそうだ。

 このほかにも“きれいなお姉さん”から一転、松嶋菜々子が冷血な家政婦を演じる【家政婦のミタ】(日本テレビ系)は4位、シリーズ10作品目となる“杉下右京”こと水谷豊と新婚ほやほやの及川光博がコンビを組む刑事ドラマ【相棒season10】(テレビ朝日系)も5位に。さらに昭和アニメの名作をKAT-TUN・亀梨和也主演で実写化した【妖怪人間ベム】(日本テレビ系)が6位、そして人気脚本家・宮藤官九郎が手掛ける異色のホームドラマ【11人もいる!】(テレビ朝日系)は9位と、ミステリー作から恋愛、刑事もの、アニメの実写化など個性派作品が続々とランクインした同ランキング。今年1年を締めくくる最後のクールで、どの作品が話題をさらうのか? 圏外からのダークホースの飛躍と併せ、良質な作品の誕生が待たれる。

【調査概要】
調査時期:2011年9月22日(木)〜9月27日(火)
調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員)10代〜40代の男女 各500名
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査



⇒過去のドラマ視聴率ランキング
2011 上半期ドラマ視聴率|■2010 年間上半期ドラマ視聴率|■2009 年間ドラマ視聴率

⇒過去のドラマ期待度ランキング
■2011年「冬」「春」「夏」
■2010年「秋」「夏」「春」「冬」|■2009年「秋」「夏」




作品名
(■主な出演者/放送局)
関連
NEWS
ドラマ詳細
【謎解きはディナーのあとで】
(■櫻井翔北川景子/フジテレビ系)
 『2011年本屋大賞』の同名小説をドラマ化。毒舌執事と、新米お嬢様刑事のコンビが織りなす1話完結ミステリー。
【私が恋愛できない理由】
(■香里奈吉高由里子大島優子/フジテレビ系)
 “元カレ”を忘れられない女、恋を知らない女、重すぎる女の3人の美女が織りなす恋愛ドラマ。あらゆる壁にぶつかりながら成長していく。
【南極大陸】
(■木村拓哉綾瀬はるか/TBS系)
 敗戦国のレッテルを貼られた日本が意地と名誉をかけて挑んだ“南極観測”。隊員と樺太犬との熱い“男の絆”を壮大なスケールで描く。
【家政婦のミタ】
(■松嶋菜々子/日本テレビ系)
 松嶋がこれまでの“きれいなお姉さん”イメージから一転“冷酷な家政婦”へ。派遣先の家庭が抱える問題を型破りな手法で解決する異色ホームドラマ。
【相棒 season10】
(■水谷豊及川光博/テレビ朝日系)
 特命係の杉下右京と神戸尊のコンビが難事件を解決していく人気シリーズも遂に10作目。1話完結の刑事ドラマ。
【妖怪人間ベム】
(■亀梨和也鈴木福/日本テレビ系)
 昭和アニメの名作を実写化。“早く人間になりたい”妖怪人間と人間の悲哀をベースに、笑いあり涙ありで展開。
【HUNTER〜その女たち、賞金稼ぎ〜】
(■米倉涼子谷原章介/フジテレビ系)
 一見平凡な女性たちが未解決事件に挑み、07年に警視庁が導入した「捜査特別報奨金制度」を利用して“賞金稼ぎ”さながらの活躍を見せる!
【蜜の味〜A Taste Of Honey〜】
(■榮倉奈々菅野美穂ARATA/フジテレビ系)
 初恋の人を一途に思う女、慕われる男、そしてその彼女というドロドロの三角関係を美しく毒気たっぷりに描く恋愛ドラマ。
【11人もいる!】
(■神木隆之介/テレビ朝日系)
 後妻をもらった家族10人+幽霊1人が織りなす異色のドタバタ系ホームドラマ。脚本は宮藤官九郎が手掛ける。
【専業主婦探偵〜私はシャドウ】
(■深田恭子藤木直人/TBS系)
 夫のために生きる事が生きがいだった主人公が一転“主婦探偵”に! 主演・深田のコスプレにも注目。


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部(ランキング販売について)までお願いいたします。




【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 1位に選ばれた『謎解きはディナーのあとで』で、新米お嬢様刑事を演じる北川景子
  • 2位は月9ドラマ『私が恋愛できない理由』(フジテレビ系) 香里奈、吉高由里子、大島優子の美女3人が織りなす恋愛ドラマ
  • 3位に選ばれたのは『南極大陸』(TBS系)、ヒロインを綾瀬はるかが演じる
  • 『秋ドラマ期待度ランキング』4位、松嶋菜々子主演のドラマ『家政婦のミタ』
  • 『秋ドラマ期待度ランキング』5位、水谷豊と及川光博がコンビを組む『相棒season10』(※写真は、season9)
  • 『秋ドラマ期待度ランキング』6位にランクインした原作となるアニメ『妖怪人間ベム』(左から)べム(亀梨和也)、ベロ(鈴木福)、ベラ(杏)
  • 『秋ドラマ期待度ランキング』7位、女性バウンティハンターを演じる米倉涼子が指名手配犯を追い詰める『HUNTER〜その女たち、賞金稼ぎ〜』 (C)関西テレビ
  • 『秋ドラマ期待度ランキング』8位、金曜ナイトドラマ『11人もいる!』神木隆之介ら主要キャスト陣 (C)テレビ朝日
  • 『秋ドラマ期待度ランキング』9位、ドラマ『蜜の味〜A Taste Of Honey〜』(フジテレビ系)の官能的な番組ポスターが完成 (C)フジテレビジョン
  • 『秋ドラマ期待度ランキング』10位、ドラマ『専業主婦探偵〜私はシャドウ(仮)』(TBS系)主演の深田恭子

オリコントピックス